> 恋愛 > 自分を振った女性に、もう一度「付き合いたい!」と言わせるために必要なこと

自分を振った女性に、もう一度「付き合いたい!」と言わせるために必要なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.09

自分の「今」という環境を変える

今、貴方は何故こんな事になってしまったのか?どんな時も自問自答し、自分を責め続けているだろう・・・。そして相手を強く想う程その後悔は強く、見えない刃物がミスをした自分達を切り刻み、貴方の心を傷つけている。

食事も喉を通らず、今まで楽しいと思っていた事や好きだった物にさえ興味が湧かない・・・。目に映る景色は限りなくグレーに近い澱んだ色だろう。

誰かを愛するという事は自分一人では出来ない事であり、多くの人の干渉が見えない部分で関わっている。「彼女が今何を考えているだろうか?」ばかりをギャンブルの勝ち負けの様に自分の都合の良い風にイメージしてしまうだろう。

とても辛いだろう・・・大切な人を失う事は、貴方の心を失う事とも言えるから・・・。でも本当は「彼女が今何を考えているだろうか?」よりも大事な事がある。それは、まず「貴方自身が他の誰でもない、自分自身で自分を変える事」なんだ!

いくら後悔しても、過去を変える事は残念ながら出来ない・・・。でも良く考えてみて欲しい。後悔し、辛い経験をし、枯れる程涙を流すから、「もう二度と同じ事はしない!」と心の底から本気で思う事が出来るんじゃないだろうか?

貴方の心をもう一度スタートラインに戻す為に、涙がある。涙で心を綺麗に洗い流したら、出来る所からでいいから自分の弱い部分や苦手な部分を変えていく為の計画表を作り、焦らないでいいから少しずつ確実に実行していこう!

出来た事はラインを引いたりして必ず目に見える様に消していこう!今までの自分が駄目だったら、「新しい自分」を見て貰えればいい!貴方の本気の愛を今、最初から始めよう!

「絶対に逃げ出さない!」強い心を育てる

人間は、いくらでも変われる力を持っている。何かを強く、本気で、情熱を持って継続するのだ。ただ、それだけではまだ足りない・・・。

では何が必要なんだろう?それは、「自分一人じゃない!周りが居てくれているから今があった」としっかりと理解する事だ。家族や友達、彼女・・・そして直接的でなくても、貴方を想って目に見えず、耳に入らない「愛」を注いでくれた人達に感謝する事が必要だ。これをしっかりと確認しておかないと、またいずれ上手くいかなくなる。

もう一度だけ言う!「周りの全ての人達に感謝する事」これを忘れない様に、貴方の大事な心の綺麗な箱にいつでも取り出せる様に入れとく事!

そして次に、「継続する」事。貴方の前には次々と過酷な試練が来る日も来る日も訪れるだろう。でも、そこで強い意志を持って立ち向かう事!

心の底から愛している彼女を振り向かせるには、男になり、人の痛みが理解出来る、強くて優しい人間にならないといけない。どんなに辛く、困難な事が来ても「絶対に逃げ出さない!」「絶対に変わって彼女を迎えに行く」と自分を鼓舞し、立ち向かおう!

心配しなくていい・・・神様はその人が超えられる壁しか用意していないから!「貴方なら、きっと変われる!」と皆が応援しているから、立ちはだかる壁を何度も何度も叩こう!

期間を決めて離れる

ダラダラと関係が続くというパターンはよく散見される。自分もそういった恋愛をしてきた。しかし、自分も相手もその期間成長出来たのだろうか?と思う。

自分自身で自分を変える事が出来ず、相手のせいにしながらお互い寂しさや孤独に耐えられず、一定の距離を保つ。気持ちは分かる・・・どんな状態でも相手の事が好きなら、「離れる」という事は「終わり」と同じ事だと認識しているから・・・。

病気で会えないのを例外として、本気で会いたいと強く思えば、体が勝手に動いて会いに行くものだろう。仮に病気でも、その人を「どれだけ強く思うか」で、いくつもの可能性を見出す事が出来るはずだ。

変わらない自分=今までの自分でいても、お互いの時間を無駄にするだけだ。離れる事は辛いが、離れる事でいかにその人が「自分にとって大切な人」だったかを知る。人間は愚かだから、失って初めてその大きさに気が付いたりする。

彼女がいる時といない時、貴方の心は極端に変化したはず!寂しさの極みを知り、愛の大きさを知るのだ。新しい自分を手にいれる為の計画表に基づいて決めた期間は、会うのをやめる。最高の新しい自分で彼女を迎えに行く為に・・・。

貴方が本当に変わろうと日々「本気」で挑戦し続けていれば、必ず貴方の大切さや大きさに気がついた彼女の方から、よりを戻したいと言ってくるはず。

言葉はとても大切だが、今貴方にして欲しいのは「More Than Words」つまり・・・「言葉よりもっと・・・」という事だ。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加