> 恋愛 > なぜなんだ!?一見、なんの取り柄もない「あいつ」がモテるワケ

なぜなんだ!?一見、なんの取り柄もない「あいつ」がモテるワケ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.18

2014y01m18d_044233598

「なんであいつがモテるんだ?」大して取り柄もないのに、なぜか女性にモテるやつ。そんな人があなたの周りにはいないでしょうか?

イケメンというほど男前でもなく、外見に関しては少なくとも自分の方が優っている。経済力だって自分とは大差がないはずなのに、なぜか女性にモテるやつ。

時としてそんなやつが自分の周辺に現れてくるものですが、彼らが女性にモテる理由を冷静に考えてみた事はあるでしょうか?

やっかむばかりではあなたに成長は望めませんから、ここでは、そんな彼らが「なぜモテるのか?」、その理由をこれから一緒に検証して、頭にインプットしていこうではありませんか!

彼らがモテるその理由を知っておくだけでも、ただ単にやっかむよりも、あなたの人生には数倍も役に立つはずです。

打ち込む何かを持っている

女性というのは何かにひたむきに打ちこんでいる男性にとても弱いものです。こう言っては失礼な言い方ですが、とりあえずは「社内であまりパッとしない」と思える人が、プライベートでは意外と純真に楽器の稽古に明け暮れていたり、地元のサッカークラブでエースストライカーとして有名な選手だったり。

同じ男性からみても、「え、すげえな!」と思ってしまうような意外な顔をプライベートで見せるような人は、往々にして女性にモテるものです。

自分がピュアにイキイキとできるものを持っている人間はとても純粋で「秘めたる闘志」「静かな闘志」に溢れているものです。

「仕事が全て」も結構ですが、やはり自分の好きな事を持っている方が人生がとても豊かになりますから、純粋に打ち込める何かを早いうちに見つけておくことは、とても大切なことだと言えそうです。

少年に戻る瞬間がある

「子供っぽいのではなく、一瞬だけ少年に戻る時がある」。こういった所作にも女性はとても弱いものです。

母性本能をくすぐるという表現をよく耳にするかと思いますが、女性たちは何も「ガキっぽい男」に母性をくすぐられるわけではありません。

普段は凛として時には近寄り難いような雰囲気を醸し出しているくせに、一瞬だけはにかんだ少年のような笑顔を見せたり、時々イヤミのないイタズラをして少年のような遊び心を見せる男。そんな男に女性は母性本能をくすぐられるわけです。

男は30歳40歳と年齢を重ねる度に素敵な大人になっていきますが、いつまでも少年の心を持ち続ける事はとても大切な事だと言えそうです。

見ていないようで、周囲をちゃんと見ている

会社というものに慣れてくると、人間は時として横柄になってしまうことがあるものです。

中途採用の人や派遣で短期的に会社に送り込まれてくる、いわゆる「会社に慣れていない人」たちとも一緒に仕事をしていく機会があるのも会社というものですが、そういった「ともすると弱い立場の人たち」に対して、あなたはどのような配慮をすることができるでしょうか?

自分も処理しきれないほどの仕事を抱えて、他人の事など構っていられないというのが実情かもしれませんが、そんな時でもさりげなく「困っている事はありませんか?」と一言かけてあげる余裕と広い視野は常に持っていたいものですね。

女性たちはとても優れた観察眼を持っていますから、そういった「さりげない気遣い」ができている男性を絶対に見逃しません。

残念ながら見てくれはパッとしない男性でも、こういった「さりげない気遣い」ができる男はとても頼り甲斐があるように思えるものです。

たった一声がかけられるか否かで「できる男」かそうでないかは決まってきます。常に周囲の空気に敏感になって、「今求められている気配り」を実践できる男でありたいですね。

「良いパパ」になってくれそうな男がモテる

あなたには該当する部分があったでしょうか?とどのつまり女性というものは、男性を見る時に「家庭内でどれだけいいパパでいてくれるのか?」という点を潜在的に非常に重視するようにできていますから、これらの要求に応えてあげられるような男性であれば、少なくとも「モテない」という状況にはならないはずです。

女性は外見よりも中身を重視するという所以もここにあります。

自信に満ち溢れて、時に少年目線に立ち返れて、細かい所に配慮が行き届くとなれば、確かにいいお父さんになってくれそうだと男性でも思いますよね?モテ男になるのは難しいかもしれませんが、いいパパになれそうな「自分」ならば、少し努力をすれば手が届きそうなきはしないでしょうか?

「俺には無理」と諦めないで、あなたも周囲からやっかまれるような「モテ男に」になれるように、切磋琢磨してみてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加