> 恋愛 > モテない男のファッションを分析!モテる男になるため改善ポイント

モテない男のファッションを分析!モテる男になるため改善ポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.03

モテない男とモテる男はどこが違うのでしょうか。それには色々な要素が関係していますが、一番良いのはモテる要素が掛け算で組み合わさっていることではないでしょうか。

例えば、モテるファッションとモテる体系、モテる言葉使いやモテる仕草などが絶妙に絡み合うといいでしょうが、中々上手くいかないものです。ここではモテるファッションとはどういうものでなぜモテないファッションがあるのかということもみていきましょう。

全く気を使っていない

モテないファッションに共通することは全く気を使っていないということではないでしょうか。もしくは気を使っていても方向性が間違っていればただの自己満足になってしまい自分以外は良く見てくれないということが起こります。

ファッションに全く気を使っていないとブランドや格好よさなどが全く分からず自分だけ浮いた存在になることもあります。それはセルフイメージに関係し、セルフイメージが高ければどんなファッションでも関係ありませんが、もしファッションが中心の相手と関係を持つと、やはり少なからずファッションは気にし始めないといけなくなるかもしれません。

もちろんファッションが全てを決めるわけではありませんが、自分にあったファッション、自分を高めてくれるファッション、周りを高めたり支えるファッションなど追求すれば奥が深いものがあるので、物的に自他を支えるものとして考えるとファッションに対して気を使うようになってくるでしょう。

気を使っているが、違う方向に向かっている

ファッションは人それぞれ好みが違います。細身でスラっとしたものやゆったりしたシンプルなもの、個性が強く一目でジャンルが分かるものなど現在では自由に自分が好きなものを選べるようになっています。

ですが、TPOというものは存在していて仕事や行事、デートや催し事などその場によって合わせるファッションというものがあります。そこでは決まったものを着ることはマナーになると思いますが、普段のファッションは全く自分が決めても良いというのが逆に困ることがあります。

自分が好みの相手が好きなファッションと自分が好きなファッションに違いがあると、やはりどちらかに合わせることが大切になってくるでしょう。きっちり合わせないにしても相手の好みのファッションを把握して時にはそういうファッションで相手を喜ばせることも頭に入れておくといいかもしれません。

ブランドなどを知らない

もちろんブランドを知らなくてもモテる人はいますが、ブランドを知っていてさりげなくアドバイスしたり自分独自のこだわりがある人はお洒落で魅力的に見えます。

特にどこでも買えるファッションブランドよりもハイブランドや独自のブランドで違う路線をいっているブランドを知っていてそれの歴史やこだわりを理解している人は人間としても魅力を感じます。やはりどの分野でも無知で流されるままよりも自分なりに研究して知識とこだわりを持っている人は支持されやすいようです。

これらはファッションを意識している人にとっては当たり前のことかもしれませんが、ファッションが良く分からない人にとっては意識しておきたいことでもあります。

時代の流れは速いのでファッションの流行も毎年変わるほどです。ですが、そんな中でも流されず自分のこだわりを持って最先端の流行を自分なりに取り入れられる人は魅力的に感じるようです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加