> 恋愛 > 彼女や奥さんとマンネリ気味なあなたへ!マンネリ打破の方法とは?

彼女や奥さんとマンネリ気味なあなたへ!マンネリ打破の方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.21

マンネリも幸せの形の1つだが・・・

どうも最近、彼女といてもドキドキ感が無くなったなぁとか、結婚したからこんなものかもしれないけれども、異性としてのトキメキを感じるのが無くなりつつあるという男性もいらっしゃるかと思います。いわゆるマンネリ化というものかもしれませんが、そのままにしておくと困った事にもなりかねません。

しかし、ドキドキやトキメキというのも長続きするというものでもありませんので、慣れ合いになってしまうのも自然な流れかもしれません。この、慣れ合いまでもいけないという人も結構いたりしますので、幸せの形といえばそうかもしれません。

ところが、慣れ合いという幸せの形よりも、失ってしまったドキドキやトキメキというものを、また味わいたいと思ってしまうのも自然な流れなのかもしれません。あなたがドキドキしなくなった奥さんや彼女であっても、他の男性から見たらドキドキやトキメキの対象という場合も多いのです。

マンネリ打破の方法とは?

そんな事は言われなくてもわかっているけど、いつも目の前で無防備に着替えとかされたりすると、チラリズム(これって昔はエロ本用語でしたね)も無くなるし、家族としか見られなくなるよという男性も多いかと思います。しかし、性的なことも含めて慣れ合いというマンネリを打破することはできるのです。

まず、二人のことはどちらか一方がマンネリ打破に向けての努力をしても、なかなか良い結果は出にくいものです。なので、照れくさいかもしれませんが、まずは二人で話し合う機会を持つようにしましょう。この時に、お互いがあまり無理な要望はしないようにしましょう。

先程の、目の前で着替えをしないでほしいというような希望はよいかもしれません。見慣れるのもマンネリを助長しますから。よく、スキンシップをもっと多めにするようにしましょうというような意見もありますが、却って距離をもっと置いたほうが上手くいく場合もあります。

たまに会うからこそ、遠距離恋愛で上手くいっていたのに、一緒に暮らすようになったらすぐに別れてしまったというケースも多々あるぐらいです。しかし、もう結婚をして一緒に住んでいる場合には、これから離れて暮らすという訳にもいきませんので、一ヶ月ぐらいは休日にまったくの別行動で顔を合わせないというのはいかがでしょう?

彼女の場合は、お互いに一ヶ月だけ会うのを我慢するとか。いつのまにかすれ違ってしまったのではなく、きちんと目的の為に二人で話し合ってする事ですので、一ヶ月が過ぎた頃にはマンネリ化の現象も収まってくるでしょう。。そこから、それぞれのカップルに合わせたマンネリ打破の打開策も生まれるかもしれません。

慣れ合いという名のマンネリも幸せの一部ですが、それも含めてドキドキ感やトキメキも持ち続けられるような努力を忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加