> 恋愛 > 言葉遣いは心の配慮~女性が思う男性が使うNGワードとは?

言葉遣いは心の配慮~女性が思う男性が使うNGワードとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.22

言葉遣いは、相手への配慮。相手への気遣いであり心配り。これを高いレベルで出来れば、それだけ相手に好印象を与える事が出来ます。

これは、男性と女性の間でも同じ事が言えます。女性に、「紳士だなぁ~」と思わせることは、かなりポイントが高いです。それは中々紳士の男性が少ないからです。

ただ言葉遣いに意識して、場面に適した言葉で会話が出来るだけで、貴方は女性にとって間違いなく「希少価値の高い男性」となることが出来るでしょう(笑)逆にNGな言葉は、女性にこの上ない不快感を与え、もう会いたくないリストに入れられてしまいます。コミュニケーションがとても重要なのは言うまでもありません。

今日は、控えた方がいい言葉遣い=NGワードを考えていきたいと思います。

女性に高圧的な態度を感じさせる言葉

代表的な言葉で言うと、「お前」が挙げられますね(笑)これは、嫌いな女性からすればまさにNGワードです。

一部、この言葉に対して笑みをこぼす女性がいますが、それはその女性が完全にMだからです。つまりSの男に、どんどん攻められたい訳です。こういう女性だと確信が取れるまでは、出来るだけ控えた方が良いと思います。リスクのある言葉という事ですね。

そういう視点から言うと、命令系な感じの言葉も控えた方がいいです。「取れや」とか注文の際に「頼めや」等。貴方が特に何も意識していない事でも女性からすればドン引きの対象になるので注意。

ま、言葉を発する時に無意識というのは、本当に怖い事だというのが分かっていれば、間違った言葉を使ってしまってもその後のフォローも出来るのですが、それが出来ない、または意味が分からん!と言う方は、とにかく「相手の立場」を良く考えてから言葉を発する事を意識するのが賢明です。それだけでも、女性は、「しっかり考えて行動している男性」と感じる事がありますから・・・

女性を否定する言葉

これも、必ず注意した方がいいです。女性だけでなく、人の意見を聞いて初めから否定する人間は、正直損していると言えます。相手の話を聞くという事は、相手の話を聞ける環境にいるという事です。これは、当たり前だから見えにくくなっていますが、本当はとても貴重な事です。

大人な女性程、そのあたりを理解し、しっかりと弁えた行動が取れるかどうかで男性の価値を判断しています。具体的に言うと、頭に「絶対」などを付けて・・・「絶対間違っている」や「絶対止めた方が良い」と言う言葉が良い例ですね。もちろん意見を聞かれた側からしたら、様々な経験や角度からその答えを出すものと考えますが、聞いているという事は「迷いがある」という事も含まれます。

大事なのは、「隠れた女性の意見や想い」を汲み取って、女性を尊重して答えてあげる事です。これが相手に伝われば、自ずと良い結果を得る事が出来ます。実は、それは貴方自身が一番良く知っている事です。心配りとはそういう事だと感じるのです。

女性を戸惑わる言葉

これは、男性の十分なリードが取れていない事が原因ではないでしょうか?もの凄く単純な事ですが、ここで重要なのは・・・「女性に疑問符を残したままにしない」と言う事です。恋愛の駆け引きに使う場合は、除いて下さいね(笑)

普通の場面で会話をしている時に相手の目や顔色を伺えば、女性が貴方の言葉に対して十分な理解が取れているかが、なんとなく分かるはずです。これをおろそかにして、身勝手に話を続けたり、自分の事ばかり話したりするというのは、厳しく言えば、「相手の存在を無視している」事になります。こう言えば、それがどの様な事か、またどの様な結果をもたらすかは、言うまでもありません。このとても重要な事を出来ない男性がなんと多い事か・・・

女性は男性よりも感性で生きている動物だから、ここを押さえておかないといけません。ここの具体的な言葉は、シーンによって異なり中々難しいので、自分で考えてみて下さい(笑)特にデートが間近な人は、シュミュレーションをしてみれば、何か見えてくるかも知れません。

言葉というのは、言わずとしれてその人の「センスが問われる」ものです。言葉一つで状況が変わってしまう程、大きな力を持っています。しかし、コミュニケーションにおいて、言葉はお互いの意思の疎通の為に必ず必要であり、避けては通れないものです。

現代においては、沢山のコミュニケーションの場や方法があります。逆に言うと、色々な場所で「スキル」を磨く事が出来るとも言えます。

頭に思った事をすぐに言葉に発するのではなく、相手の事を十分に配慮した言葉をかける。これが、紳士たる男性に求められる「男力」ではないでしょうか?女性は、貴方の言葉に酔いしれる事が出来るのか?答えは、これからの貴方の努力次第です!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加