> 恋愛 > 自他共に理想を手放しお互いにコンプレックスも手放す恋愛術

自他共に理想を手放しお互いにコンプレックスも手放す恋愛術

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.09.21

わたしは若い頃はとてもコンプレックスの多い人間でした。外見も中身に関してもです。容姿もまあそこそこ褒められる方なんですが、それでも納得いかない人でした。自分なりの自分の理想像を手放せなかったのでしょうね。そしてそれを恋人にも求める傾向があり、よくそれで喧嘩していましたよね(笑)

なので今回はわたくしが、自分も相手もお互いに理想を手放し、ついでにコンプレックスも手放し、うまくいくようになる恋愛術をお教えしようかなと思います。

理想の高さ=自分の価値ではないと気づく

当時のわたしは、自分の理想を高く持つ事で、そしてそれを相手にも求める事で、自分は他人とは違うんだと一線を画すある種ツールのようなものとして使っていたように思えます。今思えば未熟な体裁作りというか、ちっぽけな自尊心を満たしたい気持ちの裏返しだったのかもしれません。

しかし、理想と現実はまったく別のものであり、同期させてしまうとさまざまな弊害が生まれます。これは恋愛に限った事ではなく、人生のあらゆる事にあてはまります。たとえば、生まれつき足を持たずに生まれて来た人がオリンピックの100m走で金メダルをとる、なんて事は現実的に考えて不可能です。

それならばパラリンピックというものがありますので、自分の土俵で勝負した方が金メダルをとれる可能性は爆発的にあがります。これは極論になりますが、理想論というのはあくまで理想であり、現実的な話ではないという事です。

不可能な事を不可能だと受け入れる事もまた勇気であり、そしてそれを受け入れ、自分の土俵を見つけ、そこで勝負する事というのは、とても建設的で価値のある生き方だとわたしは思います。

自分にとってもですね、出来ない事を、不可能な事を延々と続けていても自分が苦しいだけで、何も得られませんからねぇ。それならば、どうすれば自分を最も輝かす事が出来るかどうかを考えた方が良いですね。

それに理想が高いと、自分を苦しめるだけです。たとえば、起業したての右も左もわからない人が、いきなり月収100万円・・・などというのは現実的に考えて不可能なんです。そしてその100万円にとらわれてばかりいると、達成出来ない自分を責めてしまうかもしれませんし、そうなると自信を奪われる一方で、自分が苦しくなっていくだけです。

なのでさっさと手放した方が自分のためになると思います。人生は苦しむためにあるのではなく、幸せを感じるために神様が与えてくれた命だとわたしは思っていますので、それを粗末に扱うのはもったいないし、罰が当たりますよ。

理想が高い人はコンプレックスも多い

わたしが思うに、理想が高い人というのは自分が満たされない状況や心理状態にあると思います。彼女にはこうあって欲しい、こういう女性じゃなきゃイヤだ・・・と考えている人は、彼女を理想に引き上げる事で自分の心を満たそうとしているんだと思います。

しかしながら、仮に彼女があなたの思い通りの女性になったとしても、あなたの心が満たされる事はないと思います。人間の欲求には上限がなく、いくらでも欲しがるようになります。

理想の女性になったら、次の理想の女性モデルを見つけて、次はこうなってくれよ、じゃあ次はこれだ・・・となっていってしまい、本来持っているその彼女の持ち味や個性も潰してしまう事になるでしょう。

心が満たされないというのは、結局のところ自尊心の低さが原因しており、自分の人生に不満があったり、満足しきれてない状況の反映だったりするわけです。

なので紐解いていくとその人にはコンプレックスがたくさんあり、それを隠して生きてきた結果、押さえつけて生きて来た結果、それを相手に求めるようになっていたりするわけです。それを気づかずに知らず知らずやっていたりするんですよね。

なので、自分に対しても相手に対しても理想を手放すようになれれば、良い意味で肩の力おりるというか、完璧主義も同時に手放す事ができ、楽な状態で人付き合いが可能になるわけです。

そしてこれは恋愛にも当然応用する事ができ、これに気づき改善する事が出来れば、あなたはその彼女と、これから付き合うであろう女性と、うまくいくようになるでしょう。

もっと深く掘り下げてみましょうか。わたしの知り合いの女の子で、彼氏に「食べるな、もっと痩せろ」と言われ続けるのがしんどくて別れたいと相談してきた子がいました。

彼女は食べたいんですよね。しかも、彼女はどちらかと言えば細くて、かわいらしい感じの子でした。しかしその彼氏が求めている理想を押し付ける事で、このように憂鬱になるほど相手を苦しめてしまっているわけです。

上昇志向と理想が高いのを勘違いしない方が良いですね。ありのままを受け入れる。Good Compromise(良い妥協)の姿勢を築けるようになると、恋愛はもっと楽しくなるでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加