> 恋愛 > 本当にその結婚相手でいいの?一生を変える一瞬の判断

本当にその結婚相手でいいの?一生を変える一瞬の判断

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.23

婚活ブームやソーシャルメディアでの出会いによって気軽に交際はしたものの、恋愛感情がなかなか持てないまま結婚を決意する人が増えています。しかし、結婚はゴールでは無くスタートです。一生を変える一瞬の判断に、様々な選択の可能性を熟慮しましょう。

30代の独身女性が様々な交流会に出席したりして、精力的に婚活をしている姿をよくみかけます。不思議な事に、婚活のイベントなんかでは女性ばかりが集まり、男性の集客に苦労をしているそうです。この現象はどこの婚活イベントでも共通している事で、男性の集まりが悪く、女性は直ぐに集まるんだそうです。

しかし、そんな中で焦って結婚を決めてしまう女性もいる様です。男性の目線から見ると、そんな状態で相手と結婚してもいいのか、プロポーズしたにも関わらず、相手の女性の反応に迷ってしまわれるかたもいらっしゃる様です。この先の人生を大きく変えてしまう結婚。果たしてどの様に考えればいいのでしょうか?

男性から見ておかしな独身女性の考え

あくまでも男性目線から見てという前提でおかしなと表現しますが、男性が結婚を申し込む時に、大抵の人は普通の結婚を意識しています。普通の結婚とは、相手と結婚をして、一緒に住んで、子どもを作ってという結婚です。

しかし、30代以上の独身女性は仕事をバリバリとやっている人が多く、自立心が強いのです。反面、結婚生活そのものでは無く、結婚という事柄自体に憧れを強く持っている様なんです。

ですので、例えば新婚生活は週末婚でいいとか、仕事は続けたいから子どもは要らないという人もいます。場合によっては、相手の事を好きでは無いし、付き合ってもないけれど、プロポーズされたから結婚をするという人もいます。

つまり、彼女達とっては結婚がゴール。男性にとっては結婚がスタートなんです。結婚に強い憧れを抱いている女性には、周りが結婚していって焦っているとか、やっぱり結婚しておかないとという何となくのイメージで結婚を考えている人もいらっしゃいます。

ただ、結婚とは人生の目的では無く手段です。幸せな人生を送る事が目的で、その幸せのために結婚という手段があるという事を忘れてはなりません。

将来その相手と同じお墓に入るのですから、老夫婦になっても一緒に幸せになっているのかのイメージが本来は必要です。結婚を何となく形のある物に錯覚しがちな女性がとても増えている様です。

結婚後のイメージを擦り合わせましょう

では、男性が結婚相手の女性を選ぶ時に気をつけなければならない事は何か?それは結婚後のイメージを擦り合わせる事です。結婚自体をゴールと考え、ウエディングドレスを物色する事に夢中になっている女性に、結婚式のイメージよりも大事な事を分かって貰わなくてはなりません。

それは、結婚相手の女性とあなたで将来像を描くという事です。要は結婚の本来の目的にフォーカスして、相手がちゃんと自分との結婚生活を幸せにイメージ出来るかどうか、それを共有出来るかどうかがとても重要なんです。

そこで、もしもお互いのイメージにギャップがあったり、そもそも幸せをイメージ出来なければ、実際に結婚しても幸せな夫婦関係にはならないでしょう。人間はイメージ出来ない事は現実世界にも再現出来ないからです。

そのお互いのイメージの摺り合わせによって、お互いの価値観や考え方、どこまでお互いが妥協出来るかなど、結婚後にとても大切な要因をシミュレーションする事が出来ます。

事細かく、ライフイベントも含めて、リアルにシミュレーションをしてみて下さい。結婚をするという決断自体は一瞬で出来る事ですが、その一瞬の決断が、その後の人生を変えてしまうんだという事を肝に銘じて下さいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加