> 恋愛 > 彼女に浮気させない男になるために!簡単に出来る3つの方法

彼女に浮気させない男になるために!簡単に出来る3つの方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.08.26

彼女の浮気・・・そんなことは、経験したくない

男友達と飲んだ時、久々に会った友人と話す時・・・「彼女に浮気されてさ~」・・・なんて愚痴を聞いたことはありませんか?まさか自分が浮気されるなんて・・・と楽観視していませんか?

男としては、「お前、絶対に浮気するなよ!」なんて彼女に圧をかけるのもなんだかカッコ悪い気がしますよね。浮気されたくないという本音を素直に伝えて、この人重いわと思われてしまうのも怖いです。

うるさく言って彼女を束縛するよりも、女性の心理を利用したもっと効果的な方法を伝授しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.対等な関係でいつつ、与え続けること

まず、彼女と良い関係でい続けるために必要になってくることは、“お互いに対等な関係であること”が最も重要だといえます。彼氏彼女といえど、元は別の家庭で育った他人同士です。

なので、つい何事においても自分のやり方を相手に押し付けてしまいがちです。そしてあたかも自分の考えが正しいと、相手に自分の基準を採用するよう求めてしまったりしてしまいますよね。

そこで大切なのが、お互いのやり方が違っても、まずお互いを認め合うことです。自分が正しい、相手が間違っている・・・世の中は○×ゲームでありません。2人とも正解だってあり得るのです。

ですから明らかに理に適っていなかったりする場合を除いて、相手を否定することはやめましょう。そうしたうえで、どちらのやりかたが合理的かを一緒に考えて“2人の考え”を作っていくのです。

家庭を作る時も、最初はとてもぶつかります。結婚3年目が危機というのは、そうやってぶつかっても相手と対等になれずうまく分かり合えなかった夫婦に多いのだと思います。

そして、かつ、女性というのは“認められていたい”生き物であり“愛されたい”生き物でありますから、あなたが愛を与え続けることがなによりも彼女にとって居心地の良いパートナーになります。

愛を与え続けるとは具体的にどういうことかといいますと、定期的に出会ったばかりのころの記憶を呼び覚ますことが1番良いです。記念日のお祝いをするのはもちろん良いですね。

いつだって、彼女の最高の理解者であること、そして最高の遊び相手であり、トキメク相手であること・・・そうすることで、他へ目移りなんてせずあなたを大切に思い続けてくれます。

2.自分が浮気しないことを宣言すること

「浮気するなよ!」と相手の気持ちや行動を自分の思い通りにしようとするような発言は、いくら正論だとは感じても重いと思われてしまう原因になってしまいます。

彼女の気持ちを繋ぎとめようと自分の不安を押し付けてばかりいては、彼女にとっては重荷になるだけです。なので、ここではあえて、自分の気持ちを話すのみにしましょう。

「俺は、浮気はしない」そう宣言しておくのが良いです。なぜかと言いますと、相手が自分から浮気をしないと宣言をしているという現実が、彼女の悪い気持ちのストッパーになるのです。

良き理解者であり、遊び相手でもあり・・・いつか一緒になってもいいと思える相手が、自分だけを大切にしてくれている。愛されたい生き物の女性にとっては、あなたは最高のパートナーに成り得るワケです。

そんな相手のまっすぐな気持ちを裏切るなんて、まともな女性であれば出来ません。愛されているのを実感させることこそ、愛することに繋がるのです。

3.自分自身の仕事をしっかり頑張る

女性は結婚したら、いつか子供を妊娠することになりますね。男性には出来ない大仕事です。どんなに仕事を大事にしていようとも、妊娠をしてしまえば体は思うように動かなくなります。

出産前後は仕事を休まなければなりませんし、仕事を続けたくても子供を他人に預け面倒を見てもらう環境とその覚悟が無ければ、結果仕事を辞めねばならないことだって考えられますね。

将来のことを考えると、旦那様になる男性にはやはり、しっかりした仕事を頑張ってもらいたいというのが女性の本心です。今のお付き合いが楽しくても、この人との将来が描けないとなると関係は一気に冷めてしまいます。

なので、将来もきちんと考えられる相手になるために仕事を一生懸命頑張ることがとても大事です。もちろん、同棲している方は家事にも積極的に参加しましょう。

女性には「掃除してよ」というよりも自分から掃除をしてしまうのが一番効果的です。「あ、彼氏に掃除をさせてしまっている・・・」そういう罪悪感を彼女が持つからです。

仕事に関しては言葉より行動で示し、気持ちは言わなくても伝わるとは思わずにしっかり言葉にして伝えることが大切です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加