> 恋愛 > 彼女がまた来たくなる、”オトコ部屋”ってどんな部屋?その1

彼女がまた来たくなる、”オトコ部屋”ってどんな部屋?その1

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.06

「また来たいな。」そう言わせたい、オトコ部屋!

大好きな彼女とある程度仲良くなれた頃…誰もが夢を見るのは彼女を自分の部屋に招くこと。でも、自分の部屋は、周りとどう違うのか…普通がいいのか…そもそも普通の部屋とは、なんなだろうか。

考えれば考えるほど深い”オトコ部屋”。自分がたくさんの時間を過ごす部屋、自分にとっては普通の空間でしかないが、彼女から見た彼氏の部屋は、とても大事なポイントになる。

部屋が綺麗で素敵なら、オトコの格が上がる。部屋が汚かったり、ショックなものが見つかれば、2人の仲はこれから一気に冷え切ってしまうだろう。それほど将来を左右するのだ。

それでは、彼女を部屋に呼ぶ前に、自分の部屋を一度チェックしてみるのはいかがだろうか?少なくとも”失敗しない部屋”にして、今後の2人に明るい未来が待っているような道を拓くのだ。

1.掃除はしているか。ごみ箱は大丈夫か

普段から掃除はしているだろうか。掃除機は週に1度…なんて不合格だ。2日に1度はかけてほしい。彼女が部屋に入り、どこかに腰をかけるのは必然だ。

そこで、座った女性は一通り部屋を見回すことになる。座ると床が近くなる。置いてある物も近くなる。ホコリだらけ、じゅうたんには髪の毛、お菓子のクズ…こんなことではお話にならない。

まずは掃除機を常日頃からしっかりかけること。そしてもう1つ注意したいのは”ごみ箱”である。ごみ箱の中にたくさんのごみはNG。一気にだらしない印象になってしまう。

部屋から徹底的にごみを排除すること。しかししっかりごみ箱は用意すること。これでまず清潔感で合格を貰えるはずだ。

2.マンガ、雑誌、衣類…見せる収納は”収納”ではない?

よくあるオトコ部屋の失敗(というか、女子がしないイコール違和感のあること)は、”見せる収納”である。マンガラック、マガジンラック、簡素な棚に畳んだ衣服を積み重ねていく衣類の収納。

女子にとって”オトコ部屋”は神聖なものである。マンガがびっしり、男なら当たり前だが、ここで気を付けなければいけないのはちゃんと番号通り並んでいるか。いかがわしいタイトルのものが並んでいないか。

雑誌も、ちゃんとラックに入っていてもかなり古いものではないか…しっかり”収納”しているのがというところがポイントとなる。

また、見せる収納で良くある衣類だが、はっきり言って女性にはこれは圧倒的に不評だ。部屋のクローゼットの中にしまう、のが女子の基本。

見えるところに畳んで綺麗にたくさん並べてあっても、”収納”とは認めてもらえない。「部屋がホコリっぽくなりそう。」「部屋のニオイなどが染み込みそうで不潔」など、女子は思うのだ。

なので、このタイプの衣類の管理をしている人は間違いなくクローゼットにしまうことをお勧めする。もし部屋にクローゼットがない人は、チェストを買ってその引出しにしまうようにしよう。

3.”過去の女”を感じさせるものは絶対NG!

無過失だろうが関係ない、過去の女性を感じさせるものが部屋にあると、彼女は一気に冷めていきます。1番気をつけたいのが、ぬいぐるみ。

「あのキャラクターのぬいぐるみばかりなぜか何個も彼氏の部屋にあった…」から導かれる女性の心理は「元カノが好きだったのかな」のみである。

実際に、オトコ部屋にぬいぐるみというギャップは女性にとって必要が無いという。むしろオトコ部屋にかわいいぬいぐるみがあっただけで引くという子もいるくらいだ。

また、さりげなく飾ってあった写真に、女性が映りこんでいるものも避けた方が良い。それがたとえ女友達としても、だ。

彼女にとって、自分の彼氏に女の影なんて全くもって必要ない。むしろそんなものあれば不安で頭がいっぱいになり思考回路がネガティブに…最悪、現実にいない相手に嫉妬をされ終わりだ。

「俺、友達多いんだぞ」アピールは、逆効果なので要注意。日本の既婚者の4分の1は離婚していて、その理由は色々あれど”自分の友人関係を大切にしすぎる男”の家庭は破たんしやすいという。

なのでわざわざ危険なことはせず、彼女の居心地最優先で自分の部屋を掃除し、片づけてみよう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加