> 恋愛 > 恋愛ニガテを克服!?失敗しない彼女の作り方

恋愛ニガテを克服!?失敗しない彼女の作り方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.10

2014y03m09d_151530363

恋愛がニガテでなかなか踏み出せなかったり、彼女がずっといないものの、それでいいやと開き直っていませんか?恋愛は人生の中で結婚をしないとしても経験しておくべきです。そして、誰でも手順さえ掴めれば簡単に彼女を作っていくことができます。今回は失敗しない効率的な恋愛のしかたを考えていきましょう。

恋愛は手順さえ踏めば誰にでもできる?

恋愛は、あまり経験のない人からするとやり方もわかりませんし、意中の人の射止め方もアプローチのしかたもわかりませんから、ついつい自分には無理だと諦めたり、彼女がいなくてもいいやと開き直ってしまったりしてしまいがちです。

確かに、恋愛は奥が深くて、知れば知るほど面倒なものであるのも事実です。しかし、それは恋愛をたくさん経験してから判断することですし、人生の中で恋愛を一度も経験をしないまま過ごすのは、大きな損といえます。

恋愛はある一定の手順を踏んだり、自分なりの法則さえ掴めれば、誰でも簡単にできるものです。そして、恋愛にモテるモテないや容姿が優れているか否かはあまり関係ありません。恋愛にとって大切なのは、相手との距離を縮めることと自分なりの法則やプロセスを見つけることです。誰でも相手にアプローチをしなければ恋愛は成り立ちませんから、自分なりに無理のないアプローチのしかたや恋愛の法則を徐々に見つけていけばいいだけの話なのです。

人見知りでも相手に興味を持つことが大切

とはいっても、今までまったく恋愛を経験したことのない人や、人見知りで男女関係なく自分から進んで関わっていくことができない人が、いきなり恋愛を成功させろと言っても無理があるかもしれません。今までロクに経験を積んでこなかった人が無理にアプローチをしようと考えると、かえって嫌がられてしまって、それが失敗となりトラウマに繋がってしまうかもしれません。まずは、恋愛に関する基本的な手順から解説していこうと思います。

そして、人見知りの人でも恋愛でアプローチしていくことが十分に可能です。筆者も人見知りの一人ですが、人見知りであっても自分の興味のある物には積極的になれたり、自分の興味のある仲の良い人には積極的になれるのでは?まずは、自分が人見知りを忘れてアプローチできるくらい興味を持てる相手を見つけてみてください。それには、当然相手を知ろうとすることも大切ですし、他人に積極的に目や意識を向けていくことが大切です。

より肉体的・心理的な距離が近いほど好感度

恋愛のプロセスを説明していく前に、まずは心理学的に証明されている恋愛の近道を説明します。人間の深層心理学によると、私たち人間は、より肉体的な距離の近い人と仲良くなりやすいということが証明されているようです。普段何気なく仲良くしている友達というのは、常に近い距離にいるのではないでしょうか?近くにいればいるほど、お互いのことを理解しやすくなったり、お互いのことを考えやすくなるため、仲良くなりやすいのです。

また相手との心理的な距離が近いとなおよく、相手の頭の中にあなたが登場する機会が多いほど好感を持ちやすいという結果が出ています。つまり、意識的に近くにいるようにして、積極的に話しかけたりと相手の心理的距離を縮めるようにしていけば、好きになってもらいやすいということです。嫌な人のことを何度も何度も思い返したりはしないでしょう。より相手に思い返してもらえる機会が多くなれば、近くにいない時でもその人との距離感は間接的に近づいていることになります。

好きであることのアピールはしっかりする!

さて、恋愛の基本的なプロセスとしては、まずは興味のある相手と仲良くなっていきます。そして好きであることのアピールは嫌がられない程度にしっかりとおこなっていって、あとは流れをみていくだけの流れです。

これは、たとえ恋愛感情のない人に対しても、同様によい効果が得られる方法です。人間好きになってもらって嫌という人はいません。もちろん、嫌がらせやストーカー行為は別ですが、日常で関わっていく上で好きになってもらって嫌だという人はいないはずです。そして、好きになってくれた相手を理解しようとするのが人間ですし、相手にいい印象を持って考えているうちに心理的な距離はどんどん近づいていくというわけです。

いきなり「好きです」と告白をしろと言っているのでもなく、まったくの初対面の段階からいきなり好きアピールをしろというのでもなく、段階を追って徐々に相手にアピールしていきます。「好き」と言葉に出さなくても、相手に好感を伝えることはできるでしょう。そして、相手が「この人、もしかして自分に気があるのかな?」と思わせれば勝ちです。相手は自分をそういう風にみてくれるようになるでしょう。

焦らずゆっくり機をうかがう

逆に、いつまでも自分の気持ちをアピールせずによい友達のままでいては、いつまでたっても相手からはお友達の関係を抜け出すことができません。もちろん、まだたいして仲良くもないうちから猛烈にアピールしてはただのストーカーと思われてしまうかもしれません。ですが、程よくなるべく早いうちから好きな人に対しては好きですアピールを間接的にしていく必要があります。あとは、焦らずお互いの関係や相手の出方を伺いましょう。

そこで、もし脈なしであったり、自分がそういう態度をとることに対して良く思っていないのであれば、徐々に距離をとっていくでしょう。そうなれば、脈なしと判断して別の女性を探しましょう。世の中には女性はたくさんいます。それに、フラれたわけでもありませんから、自分に対するダメージも少なく済みます。

もし、その後も相手との関係がそのままであったり、もしくはいい方向に進んでいきそうであれば、大いに脈ありです。時間をかけて相手の心理的距離を縮めていけば、相手が好きになってくれる確率も高まるわけです。

徐々にそうやって距離を縮めていって、時期がくればお互いの距離感も十分に縮まっているはずですので、どちらから告白をするでもなく、おのずと恋愛に発展させていくことができます。こうした経験は、何度か繰り返しているうちに自分なりの法則がわかってくるようになります。将来、理想のお嫁さんをもらって結婚するつもりがあるのであれば、なおさらこの恋愛経験は大切になります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加