> 恋愛 > 彼女とケンカをした時に、なるべく早く仲直りをする方法

彼女とケンカをした時に、なるべく早く仲直りをする方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.21

今付き合っているパートナーのいらっしゃる方は、一度や二度、必ずケンカをしたことがあるはずです。いらっしゃらない方も、今後のケンカに備えて読んでみてください。

女性って、怒ると怖いですよね。ところかまわず当り散らすパターン、とにかく黙り込むパターン、ひたすら泣きじゃくるパターンなどなど・・・。今回はそのパターン別に、対策を記述します。

1. ろくに話も聞かずにとにかく怒る彼女

女性に一番多いのはこのパターンではないでしょうか。ここであなたも一緒になって怒ってしまったら、火に油を注ぐのと同じです。

とにかく、ここはグっとこらえて彼女の言っていることを聞きましょう。そして、感情的になっている相手には、あなたも感情的な言葉を盛り込んだ返事で返すのです。

「僕の話も聞いてくれないかな。そんなに一方的に怒られると話す気力もなくなるよ。悲しいな」最後の「悲しいな」がポイントです。コレはかなりこたえます。

2. 何も言わずにとにかく黙っている彼女

これ、一番困りますよね。実は私はこのタイプです。黙っておきながらも、頭の中はカッカしていますので、タイミングを見計らってドカンと爆発する可能性が大です。

ただ、こんな女性に響く対処法もあります。「腹がたつのはわかるんだけど、ゆっくりでもいいから話してくれないかな。これ、逆の立場だったらすんごい困ると思わない?気が向いたらでいいからさ。」

それだけ言って、あとはほったらかしておきます。自分と相手の立場をひっくり返して考えて見てくれよ、ということで、ああ、確かに話してあげないと困るかも、ということに気付かせるのです。

3. ひたすら泣いていて、会話すらできない彼女

泣くという行為の裏には、感情が押さえきれていないというところと、甘えたいという欲求もあります。

もし、甘えさせてあげられるような余裕があなたにあれば、近づいて背中をさすってやることが一番です。

それもままならない場合は、とにかく泣き止むのを待ちましょう。待つしかないのです。ここで怒っては何にもなりません。

少し涙が止まったかな、というところで「泣かせちゃって、ごめんね。でも俺だって本当は泣きたいんだよね。○○の考えてることがわかんなくて。どうして泣いてたのか話してくれる?」

そう言ってなるべく近くに座ります。手をつないだり、背中をさすったりするのも効果的でしょう。

全体的に見て、男性が下手に出ているような印象を受けるかと思います。大変申し訳ないですが、こうしていただくのが一番手っ取り早いのです。

自分は悪くない、どうして俺が・・・そういった思い等ももちろんあるとは思うのですが、そこを我慢してもらって、優しく対応してもらうのが女性の怒りを鎮めるのには最も近道なのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加