> 恋愛 > もう恋に失敗したくない!将来性を考えた本命の彼女を作るためには

もう恋に失敗したくない!将来性を考えた本命の彼女を作るためには

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.02

どうして彼女が欲しいと思うのでしょうか?理由は様々だとは思いますが「欲」を満たすためだと考えています。一人ではなくて二人いることでより幸福感が感じられ、恋愛がしたい、結婚したいと思う物だと思います。それは深く共感出来る事があったり、自分が持っていないものを持っている人ほど強くそう感じるそうです。

今では出会う場所が学校や仕事場だけではなく、職種や自分の描く理想の男性をあらかじめ知らせてそれに見合った男性と話せる場を設ける「合同コンパ」を請け負ってる企業もあったり、さらにはインターネット(出会い系やネットゲーム)を介して知り合う事もあり出会える場所は様々です。

しかし出会えるきっかけが多いせいでかえって誰が理想の人なのか迷いわからなくなってしまう理由にもなっているそうです。一度整理して自分自身見つめ直してみた方がいいのかもしれないですね。

相手に流されないようにする

相手の考え方、条件によって、好きか嫌いかを判断するという事は相手のことを好きなのではないかと思います。人間という者は変わりやすく条件というものは環境や時がたつにつれて、簡単に変化するものです。人の考えを聞くことは大切だと思いますがそれを『好意があるから』という理由で『自分の考えもそうだ』と納得させるのは危険です。

現代の男女は一時的な気持ちで好き嫌いを判断して飽きたら別れるという安易な交際に走りがちで、中途半端な恋愛を繰り返してしまう傾向があるみたいです。

愛することの喜び、愛されることの幸せを知ることで情が深くなり感情が育ち、真の意味で相手を思いやることができ豊な人間性が成長していき、ますます魅力的な人間になるのかもしれないです。

今までの恋愛・過去の失敗を思いだす

人は失敗した経験が強ければ強いほどストレスを緩和しようとその記憶を忘れようとします。「前に進む!」ために過去を振り返ろ反省するというのは悪いことではないと考えています。「もうこんな思いなんてしたくない!」それが次に進む糧になります!

また逆に良い恋愛をしていたが別れてしまった方もいると思います。筆者自身良い経験悪い経験両方味わって来ましたが良い経験のほうが強く記憶に残っています。

『またあんな恋愛ができたらいいな』と励みにして今もがんばっています。それでも『もっとあの時こうしてあげればよかった』などと思う事もありますけど(笑)。みなさんは過去にどんな経験をしましたか?

共通のものを見つける

十人十色という通り10人いれば10通り、100人いれば100通りの生き方があると思っています。今までどういう道を選んで歩いてきたのか簡単に分かるものではないと思います。

特に初対面のときは何も分からないですよね。なんでもいいです、好きなもの、好きな芸能人、今はまってること、趣味。とにかく会話をするきっかけを作ってもっと手を知ることが大切だと思います。

だんだん打ち解けていけばもっと深い話ができるきっかけも作りやすいですし、それを聞いて受け入れることで個性を認めることにも繋がるものと考えています。

相手に理想を求めるのではなく自分から見つける努力をすることで魅力的な部分が見えてきたりします。受け身の姿勢で待つのではなく自ら歩み寄ってみてください。

それに1日や2日で理解できれば誰も苦労しません。人と付き合っていくのはとても難しく大変で、だからこそ理解できた時はじめて「愛」というものを信じれるのかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加