> 恋愛 > 彼女の本音を知ろう!状況別に見る、彼女が本当に考えていることとは?

彼女の本音を知ろう!状況別に見る、彼女が本当に考えていることとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.13

付き合って長い恋人の事でも分からないことは、たくさんあるでしょう。男性と女性では脳の作りからして違うので、全く理解できない事があって当たり前です。

ですが、理解できないからといって彼女を責めたり、自分の価値観を押しつけているだけでは良い関係は長続きしません。そこで、彼女の本音を知って、彼氏として適切に振る舞ったり気を遣ったりしましょう。

「ほっといて」はかまって欲しいのサイン

彼女が不機嫌な時やケンカをしたりした時に「ほっといて」と言われることはありませんか?そう言われると、そっとしておきたくなるかもしれませんが、実は「かまって欲しい」というサインかもしれません。「ほっといて」と言われても、そっと側に寄って素直に謝ったり、「どうしたの?」と優しく声を掛けてみて下さい。

愚痴は聞くだけでいい

おしゃべり好きの彼女なら、よく仕事の愚痴や友達の愚痴を聞かされるかもしれません。愚痴はあまり聞いていても楽しいことはないかもしれませんが、ほとんどの場合、あなたの彼女は、「ただ聞いて欲しい」というパターンです。

女性は、愚痴などを言葉にして話すことでストレスを解消したり、頭の中を整理したりします。彼女が愚痴を言い出したら、黙って聞いてあげましょう。この時、下手にアドバイスをするのではなく、あくまでも聞き役に回ってあげたほうがいいでしょう。

悩み事を打ち明けた時は、褒めて欲しい

 

もし、愚痴ではなく悩み事をあなたに打ち明けた時は褒めてあげましょう。今まで、1人で悩んでいたことをあなたに打ち明けた勇気と、「よく我慢してたね」というニュアンスを込めて、まずは褒めてあげてください。愚痴を言った時の様にすぐにアドバイスをするのではなく、優しい言葉を掛けてあげます。

出かける時に時間がかかるのは当たり前

もし、彼女と同棲しているのなら、出かける前の彼女の身支度が長くてイライラしてしまうでしょうが、そこは我慢してあげましょう。
女性はメイクや服を選ぶのに時間がかかって当然です。少しでもあなたの前で着飾って、「素敵な彼女でいたい」という現れです。

「はやくして」や「まだなの?」と声を掛けたくなるのは分かりますが、そこは耐えましょう。出かける前からケンカになっていたら、せっかくのデートも楽しくなくなってしまいます。「女性は出かける時に時間が掛かるのは当たり前」と自分に言い聞かせましょう。

ウィンドウショッピングや買い物が長いのも当たり前

彼女と買い物に行ったりした時に「何も買わずにウィンドウショッピング」「服1着を買うのに長い」など色々と不満になるのは分かります。ですが、絶対に「別行動」というのはやめましょう。女性は服やバッグなどを眺めているだけでも楽しめてしまいます。

そういう所も理解してあげましょう。黙って後ろから付いていくだけでもかまいません。「この服どうかな?」と聞かれた時は笑顔で答えてあげて下さい

言ったことを覚えて欲しいのはワガママ心

あなたは、彼女の言ったことを覚えていますか?もし、「あの時こう言ったじゃん」「忘れちゃったの?」と良く言われるのなら、注意が必要です。言ったことを覚えて欲しいのは、決してあなたを試しているのではありません(一部、試している事もあるかもしれませんが……)単純に「言ったことは、覚えておいて欲しい」というワガママ心です。

あなたも、彼女を独占したいという欲求があるように、彼女もあなたの事を特別な人だと思いたい時は、そういったワガママな面を見せることがあります。一字一句覚える必要はありませんが、なるべく言ったことは記憶に留めるようにしましょう。

「これどう?」と髪型やアクセサリーを見せてきた時は褒めて欲しい

彼女が新しく髪型を変えたり、新作のアクセサリーを「これどう?」とあなたに聞いてきた時は、一言「似合うよ」と言ってあげましょう。間違っても「似合っていない」というのは割けましょう。仮に、あなたの好みの髪型やアクセサリーでは無かった場合は「かわいいけど、前の方がかわいく見えるよ」とちょっとしたフォローを入れましょう。

女性は「似合う」「かわいい」という言葉を聞くと安心できます。また、いつもと違う髪型やアクセサリーにした場合は身近な人に意見を聞きたくなるモノです。「似合うよ」「かわいいよ」と褒めてあげましょう。あまり似合っていなかったり、あなたの好みに合わない場合は優しくフォローをするのを忘れずに。

あくまでも、人それぞれということを忘れずに

いくつか、彼女の本音やこういうときにこうして欲しいというのを紹介しましたが、全てがあなたの彼女に当てはまるとは限らないので、あくまで人それぞれということを忘れ無いようにしましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加