> 恋愛 > あうんの呼吸はできていますか?相手を観察してサインを読み取ろう

あうんの呼吸はできていますか?相手を観察してサインを読み取ろう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.03.25

仕事などではじめて会う取引先に対しては会話が弾まなかったり、ちぐはぐになる場合があります。

このような場合は、相手の気持ちを汲まずに自分のしゃべりたいようにしゃべって相手の会話をさえぎってしまう。相手が話し終わったあとに適切な返しができない。など相手の会話のリズムに乗れていないことが原因と考えられます。

ここでは会話の時によくでるしぐさを紹介します。相手の会話のリズムを読み取る際のヒントにしてみてください。

相手が話したいときに出すサイン

取引先との会話では空気を読むことが求められる場合が多いです。相手が話し始めたいと考えているときには「視線を合わせたり、身を乗り出す」「今までとちがった手振りをしたり、大きく息をする」というジェスチャーが出てきます。

そのようなしぐさが出てきたきた時には相手が話をしたいと考えている可能性が高いので、会話の主導権を相手に渡すとよいでしょう。

相手が話終わったときに出すサイン

相手が話し終わったのに気がつかずに、まだ話が続くと思って相手の顔を見続けたことはありませんか?このような時には非常に気まずい空気が流れます。

「確認するような目でこちらを見てくる」「話しながら盛んにしていた手振りをやめる」「左右どちらかに体をかたむける」などのしぐさが見られたら話を終えようとしているので、適切な返しや自分の話したいことをしゃべる準備をするとよいでしょう。

仲のよい友達同士なら、「あうんの呼吸」で会話がスムーズに運びますが、初対面同士では相手の話し方やリズムがわからないので慎重に対応する必要があります。

大事な取引先ではじめて会う決裁者に対して一発勝負で「あうんの呼吸」に近い会話ができれば良好な関係が気づけるので、上記を参考にして相手の話したいタイミング、話し終わりたいタイミングを把握してテンポの良い会話をできるように心がけましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加