> 恋愛 > 女性はアプローチが強引な男に弱い!女性が許してしまう強引さとは?

女性はアプローチが強引な男に弱い!女性が許してしまう強引さとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.08.28

男性にとって女性をどう口説き落とすかは永遠のテーマではないだろうか。女性も様々なタイプがいるから、一筋縄では行かない。だからどうすればいいか頭をフル回転させて考える。上手く行く時もあれば当然上手く行かない時もある。

しかし、男性が女性をリードするという部分においては、昔から変わらず求められている事ではないだろうか。女性はなんだかんだ言っても、押しに弱いモノ・・・。そこの所を見抜いて女性の弱い所を突いて行ける男性は、経験豊富になって行くだろう。

こういう攻め方に女性は弱い!今日はそんな所にスポットを当ててお話しして行きたい。攻めるが勝ちですよ(笑)

諦めずに何度もアタックしてくる

ここに関しては、「しつこい」との境目が難しい所ではあるが、要は、「女性の立場に立って誘い続ける事が出来るか、自分勝手に誘うかの違い」だと私は思う。言い方を変えれば、ある程度常識の範疇において誘うといった所か。

例えば、こんなのは良くないと思うのを挙げるとすれば、時間を考えず自分の都合のいい時に誘いの連絡をしてきたり、勝手にどんどん盛り上がって話を進めて一人でいい気分になっているのが分かってしまう様な誘い方。

これでは、アポイントを確定させる前の段階で女性が引いて行ってしまう。逆を言えば、この辺りを留意した上で、根気良く誘い続けてくれる男性には、根比べで負ける様な感じで、「まぁ一回ぐらいいいか」と女性が心を許してしまう訳。

しつこさと根気の良さは紙一重だが、節度を守れば、失敗する可能性を格段に下げる事が出来る。

雰囲気作りが上手く流れがスムーズ

女性は、いつでもどんな時でもロマンスを追い求めている。男性は、女性がこういった気持ちを持っているという事を確実に理解しておかなくてはならない。

そして、女性を口説き落とすのにもう一つ重要な要素は、「タイミング」だ。これは、先程の何度も誘うという所にも関係してくる。つまり、何度も誘うという事は、女性がYESと言ってしまうタイミングにはまっているという事でもある。

例えば、誘い始めた当時は好きな人がいたけれど、結局叶わぬ恋で終わってしまった。または、付き合えたが、思っていた通りの人ではなかった等、女性側の心理状態によって変化する事は多い。

そういった時をなんとなく読みとって、上手くアプローチし、雰囲気を作りさえすれば、普段なら拒否される事も、ガードが緩くなっているので、比較的簡単にOKをもらえる場合が多い。

例えば、少しお酒を入れて、お店を出る時に、何も言わずに手を繋ぐ。ここは案外ポイントかも知れない。「何も言わずに」がね(笑)

ここでは、女性が車道側を歩いていたり、歩きそうになっていたりした時にタイミングを見計らって手を繋ぎ、何か言われれば、「危ないから」と一言だけ言えばいい。

多くを語り過ぎると墓穴を掘る事になる事だけは、確実に意識しておこう。何事も自然に振舞えるというのが、相手に好印象を与えるのだから。

とにかく、俺について来い

これは、猪突猛進ではないが、とにかく女性にNOと言わせる隙を与えない技だ。

しかし、これは「しっかりとした計画があってこそなせる技」である事を忘れてはならない。何も考えずノープランでこれを使うと確実に失敗して、帰宅時間が早まる恐れがあるので、十分に注意して下さい(笑)

女性は、男性と違ってヒールを履いたり荷物が重たかったりと色々と問題がある。そういった点にしっかりと目を運ぶ事が出来ない男性に強引もくそもない。

何度も言うが、「女性の事を考えた上での強引でなければ成功はしない」。その上で男性が「俺について来い」としっかりとした計画に沿ってリードして行く必要がある。些細な事でも、用意周到なぐらいの方が成功率はそれに比例して上がって行く。

女性が歩き疲れたなら休む事を提案する。退屈そうなら、早めに場所や話題を変える等、様々な配慮が必要だ。ある意味、お姫様を満足させるナイトでなければならない。

やがて貴方の努力が女性に伝わった時、女性はお姫様ではなく、一人の女性として貴方を意識する。そこでKISSの一つくらい出来れば、後は、貴方の思うまま(笑)

強引でありながら、女性の状態を常に意識して引っ張る。これが、女性がついつい許してしまう強引さではないだろうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加