> 恋愛 > これだけは信じないほうがいい、女性が自分の性格を表現する例えとは?

これだけは信じないほうがいい、女性が自分の性格を表現する例えとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.06

女性が使う竹を割ったような性格って実は要注意?

たまに、自分の事を竹を割ったような性格だと表現する女性がいますが、私はサッパリした性格だよという事を相手に伝えたいのでしょう。しかし、この言葉を使う女性ほど実はその逆である場合も多いのです。

え?と思う人もいるかもしれませんが、よく考えてみると男性で自分の事を竹を割ったような性格ですという人に会った事は少ないかと思います。では何故あえてそのような自己アピールをするのでしょうか?実はここに秘密が隠されているのかもしれません。

本当に竹を割ったような性格と偽物の違いとは?

竹を割ったような性格だと自己アピールをする女性の中の女性観に、女性はネチネチしていてそれを自分は嫌っているという思いがあるのかもしれません。それなので、自分はそうなりたくないという意思が働いて、あえてそういった事を宣言していたとしたら本来の性格ではなく無理をして作っているという場合もあります。

本当に竹を割ったようにサッパリした性格の人は、本当にサッパリしているのであえて自分からそういった事は言わないものです。そして、無理をしているという事はどこかに歪みが出てしまいますので、無理が祟った場合には本人がビックリするぐらいのネチネチどころか、ネバネバ~としたものが噴出してくるかもしれません。

こういう人の言葉をそのまま鵜のみにして、サッパリしてるんだから何を言ってもいいと思ったら大変です。逆にサッパリ派ではないと思って接したほうが無難といえますので、このフレーズを出してきたらその逆だと判断してもよいぐらいかもしれません。

意外とテキパキした女性に少ない?

では、本当に竹を割ったような性格の女性とはどのような人なのでしょうか?あまり昔の事にこだわらず、執着心が薄い人でしょうか?そういう女性も稀にいますが、三毛猫のオスぐらいに少ないかもしれません。

テキパキしている人よりも、割と面倒くさがり屋の人のほうが確率が高いのが、執着するのも面倒くさいと思えるぐらいの面倒くさがり屋がいるからとも考えられます。程度はありますが、仕事があまりできない女性が家庭に入ったら割りと上手くいったという話もよくあります。またその逆も然りで、水清ければ魚棲まずといったところでしょうか。

自称・竹を割ったような性格の女性と付き合う場合の秘訣とは?

また、自分からではなく周りの人達から、あの人って竹を割ったような性格よねと言われている女性でも、実は私そうでもないのにという人も結構います。体育会系によくある話ですが、キャプテンだからと自分自身にプレッシャーをかけた結果の周りからの評価というのもあるでしょう。

そういった女性と付き合う場合には、負担にならない程度のサッパリしてるよアピールを出せるぐらいの案件を小出しに提供してあげましょう。そうする事によって、本人の満足度と自己顕示欲が満たされますので、円満なお付き合いが続く可能性が高くなります。

しかし、これは非常に面倒くさいと感じる人もいるかと思いますので、そう思う人は【竹を割ったような性格】をアピールする女性には近づかない事です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加