> 恋愛 > 女性が求める愛の形と男性の求める愛の形~その2~

女性が求める愛の形と男性の求める愛の形~その2~

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.31

男性が求める愛の形

男性は、愛する相手には心の繋がりを求めます。一緒にいるだけで何も言わなくても伝わるものだと思っています。いるのが当たり前の空気のような存在が、かけがえの無い存在なのです。

美味しければ、無言で黙々と残すことなく全部食べます。お部屋がきれいだったり、いつもシーツが洗われていて太陽の臭いがする感覚に愛を感じたりします。「自分のためにやってくれたんだな」と思って独り喜ぶのです。自分のためにちょうど良い温度で好きなバスクリンが入れられていたりすると、「幸せだなぁ」と実感するのです。

自分のことを思い、自分の好みを知ってくれていて、自分のために働いてくれている、それが嬉しくて独り愛されている実感に酔いしれていたいのです。

一緒に買い物に行くのも、ドライブに行くのも、一緒に行きたいから車を出すのであって、彼女のために何かをしてあげたいと無理をしているのではなく、彼女といたいから、彼女の笑顔を見ていたいからついて来ているのです。

彼女が楽しそうに料理を作ってくれている後姿を見ているだけで、「自分のために彼女がキッチンに立っている♪」と独り喜ぶのです。その彼女の全てが愛おしくて、愛している自分に酔いしれているのです。

多くの男性の場合、愛されている実感を味わうのではなく、彼女に愛されていることを含め、そんな彼女を愛おしいと思う自分の幸せ感に酔いしれるのです。だから、男性が愛の言葉をささやくのは、彼女の心を手に入れる手段なのです。極端な話、愛する女性が自分に微笑みかけてくれること、自分と一緒にいて楽しくしてくれている姿を見ることができるだけでいいのです。

彼女の心を手に入れてしまって、幸せに浸っていられるのですから、男性に愛を語る必要はないのです。自分の幸せに酔いしれているのに大満足で、愛を語る必要も暇も無いのです。

女性が男性に求めること

女性は頑張ったことには気付いて欲しいのです。いつも太陽の香りで包まれて眠りにつくには、大変な労力がいるのですから。また、お料理もお洒落も愛する男性には気付いて欲しいのです。

女性は愛の言葉や態度で幸せを感じるんですから、そもそも男性の愛の形とは感じ方が違うのです。それなら、男性も愛する女性のためにちょっとだけ努力してあげてはどうでしょう。

今更髪型やお洒落に気付くのは無理かもしれませんが、「美味しい」と思ったら「美味しい」と言う、「嬉しい」と思ったら「嬉しい」と言う、一人で幸せに浸っているのではなく、自分が今、幸せに浸っていることを伝えてあげるのも「愛」ですよ。

男性には少し照れくさいかもしれませんが、それで愛する女性が満面の笑みで喜んでくれるのですから、2人きりの時に心の声を言葉にするのも、愛する女性の笑顔であなたの幸せ感も倍増するかもしれませんよ☆

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加