> 恋愛 > 妻・彼女が怒った時に、あなたが取るべき行動とそのタイミングとは?

妻・彼女が怒った時に、あなたが取るべき行動とそのタイミングとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.18

女性の方が男性よりも精神年齢が上だから上手くいく?

喧嘩になったとき、男性は恋人や妻が怒っている理由を一生懸命考えるものです。通常多くの男性は左脳で論理的に時を遡ってどこで失敗したのかと怒っている理由を考えるでしょう。

でも、女性が怒っているのは男性の気持ちに対してです。だから男性が自分の行動を、時を遡って考えてもわかるはずがありません。

でも一生懸命女性の怒りを解こうと男性も必死なのです。女性だってわかってほしいからこそ怒るのです。お互い仲良くやりたいのに、片方は考え、片方は心で訴えているのです。相手の心の中は考えてもわかるはずはないのです。

男性の一つの行動に対して、女性は楽しみにしていた未来の時間や、準備に費やした時に男性が喜ぶ様子を思い浮かべながら心を込めて用意していた自分の楽しかった時間全てをぶち壊されたあらゆる感情をぶつけているのですから。

この女性の感情は、過去から未来に向けてその時々のあらゆる感情なのです。右脳で感じる感情は五感全ての情報から生まれるものです。感覚的・芸術的な感情は、理論・理屈で考察できるものではありません。

左脳の理論・理屈の数学的思考は、言語や文字から分析されたものなのですから、女性が感じる情報量とは比べ物になりません。多くの場合、男性は女性が怒って文句を言っている場合うなだれていたり、よそを向いていたりして、女性の顔を見ていないものです。

もし女性の顔をまっすぐに見つめていれば、女性が泣きそうな顔で怒っているのがわかるかもしれないのに。言葉だけでは通じないものです。

しかし、喧嘩をするという事は、疲れるものです。女性は右脳で男性を観察していますから男性の癖を見抜いてしまいます。惚れた弱みで慣れてくると多くは期待しないものです。

そもそも女性は五感で物を芸術的・感覚的に物事を分析する右脳が発達しているのです。だから言語だけで論理的・数学的に物事を分析する左脳で物事を考える男性が、右脳で考える女性に観察力で敵うわけがないのです。そのことに女性は本能的に気付くのです。だから、同じ年齢でも女性の方が男性よりも精神年齢が高いと一般的に言われているのではないでしょうか。

だから、付き合いが長くなって慣れてくれば、男性にある程度反省させて、男性がどうにもできないようなら助け船を出してあげる女性が多いのです。どちらも仲直りしたいのに、ずーっと喧嘩しているのは時間の無駄というものです

ちょっと助け船を出せば男性はそのチャンスを逃しませんよ。何しろ女性の言葉に耳を澄ませ、女性が怒っている理由を必死で考えているのですから。助け舟らしき言葉を聞き逃すはずがありません。

例えば、我が家の場合、うちの旦那様は、私の前では強気に振舞っていますが、書斎を気付かれないようにそうっと覗くと、明らかに椅子にもたれて可哀そうなくらいションボリとうなだれています。そんなにションボリするなら話し合おうとすれば良いのにと思います。女性だから私は理解できないのでしょうか。

そこで、私の車を洗ってもらったり、ベランダのお掃除や床の雑巾がけ、窓ふき等々、その時に応じてやってもらいます。会社に行ってる時は、「お花買ってきて欲しいな~!」なんてメールを送信したりします。以前それで間違って仏花を買って来たことがあったりしましたが。

取り敢えずこれで仲直りです。「ごめんなさい」と謝ってもくれます。その時、私が怒った理由を静かに説明します。「傷付いたよ~」と言うとわかってくれます。男性も学習しますから、この方法は我が家では効果的です。

でも、本当はこんなことをしなくても男性から行動を起こし、家の中のよどんだ空気を爽やかな空気に変えてくれたら、女性は一番嬉しいのです。だから、このコラムを読んだ人は、愛する彼女や奥様が怒った時には、勇気を出して女性の気持ちをゆっくり聞いて話し合って欲しいと思います。

女性から謝るきっかけをもらって仲直りでは、あんまりカッコ良くないのでは!?

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加