> 恋愛 > 女性が好きな男性についつい見せてしまう行動とは?

女性が好きな男性についつい見せてしまう行動とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.17

男性は好きな女性が出来た時、感情に変化が起こり、どんな行動を取りますか?
好意を持ったとたんに、顔が見られなくなってしまったり、素直になれなくなったり・・・
また逆に、積極的に気持ちを伝えて相手に自分が好意を持っている事を包み隠さず伝えるという人もいるでしょう。

やはり、「好き」と言う感情を一度持ってしまうとその気持ちは、光陰矢のごとし。
とてつもない早さでもはや止める事は出来ない。

誰かを愛するという事は、とてもエネルギーが必要な事だというのが良く分かる。
特に、失恋なんかしようものなら、回復までに相応の時間を要する。

今日は、女性が男性に好意を持った場合に取ってしまう行動を紹介する事で、女性からの「サイン」に気がついて欲しい。

男性側から動かなくても女性側がアクションを起す

これは、モテる男性に限った事ではない。
要するに、女性に取って何か「光るモノ」があれば、これはイケメン限定のおいしい話ではないという事を覚えておいて欲しい。

例えば、職場で女性がパソコンのトラブルで困っている。
もし、自分に知識があるなら、「積極的に問題を解決して上げる」。
もし、自分に知識がなければ、知識のある人に伝え、「問題を出来るだけ早く解決する手伝いをする」。
前者は、勇気さえあれば簡単に出来る事だが、比較的出来ないと思われるのが、後者だ。
つまり、自分が出来なくても、「困っている人を助ける」。
この行動にどれだけ積極的に関わる事が出来るのか?という事に尽きる。

女性は、良く周りを見ている。
一つの女性のトラブルには、大勢の女性の目が光っていると考えた方が賢明だ。
その為、間接的であれ、女性の問題解決に手を貸してあげる事は、間違いなく貴方の好感度を上げる大きな行動と言える。
これを出来るか出来ないかで、大きな差となる事は是非覚えておいて欲しい。

協調性を重んじる女性に取って、全体の中でしっかりと役割を探して、行動を起こせる人というのはとても大切で、そこに何らかのプラスアルファがあれば、女性が貴方の事を意識する事は、夢でもなんでもなく、まぎれもない事実だ。
そして、行動としては、「女性から貴方に話しかける量が格段に増える」事になる。

男性の事を良く褒める様になる

これも経験のある男性ならすぐに分かるはず。
男性でも、好きな女性が居れば、何でも良いから褒めたくなるのではないだろうか?
例えば、「可愛い」「頭が良い」「センスが良い」等が挙げられる。

これは、女性だって同じ。つまり遠まわしに、「貴方のそういう所が良い」と伝えている事になる。
女性から男性に言う言葉としては、「お洒落だよね」とか「女性に慣れているね」「手が綺麗だね」とか、同じくある事を褒める言葉を、会話の中で散らす様になる。

この言葉が出れば、間違いなく女性は貴方に対して、なんらかの興味を持っている。
後は、この「褒めてくれたキーワード=相手が評価している事」に対してどういう風に会話を広げ、その場を楽しい雰囲気に変える事が出来るかが、男性の腕の見せ所ではないだろうか?

誰も、興味のない人には、積極的に褒めるといっためんどくさい事はしない。
ポイントとすれば、相手が本当に思って言葉を発しているか?という所だが、ここは相手の目を見て、相手がどこかそわそわしているか等、相手の事を良く観察すれば、それが適当な言葉なのか真剣な言葉なのかを判断する事が出来るはずだ。

男性の発言や意見に対して否定しない

これも、男女共通と言える部分ではないだろうか?
ただし、「自分の意見をしっかり相手に伝える」というところがとても大切な事だと思う。
そうしないと、ただYESをいうだけの機械になってしまうからだ。

相談者は、数ある周りの人の中から、貴方を選んでいる。
貴方なら、こういう態度で聞いてくれるだろう。
貴方なら、こういう言葉をかけてくれるだろう。
つまり、貴方に「何らかの期待」を持った上で相談役として選んでいる事を忘れてはならない。
そこを十分に理解した上で対応する事が、結果として相手に貴方に相談して間違いなかったと思ってもらえる第一歩だ。

相談相手に好意を持つというのは、もはや鉄板である(笑)
少し話が逸脱してしまったが、相手の話を聞く時に「否定しない」という事は大きなポイントだ。
これは、その人がしっかりとコミュニケーション能力を持った人という事であるともいえるが、否定しない、しかも、間接的否定をしない人は、貴方になんらかの好意を持っていると言える。
どこか否定したいという気持ちがあれば、必ずどこかで否定を匂わす言葉なり、行動が出て来るからだ。
それをしないという事は、「貴方の事を受け入れている」何よりの証拠。
後は相手の様子を伺いながら、攻めて行けばいい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加