> 恋愛 > 女性の本音を見抜くために注目したい4つのポイント

女性の本音を見抜くために注目したい4つのポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.07

「女性は何を考えているか分からない」というのが、男性の心情なのではないでしょうか。少しでも「女性の気持ちを理解できたら」あるいは、「女性の本音を読む事が出来たら……」と思うのなら、女性の本音を見抜く4つのポイントがあるので紹介します。

ただ、今回紹介しているポイントは、あくまでも個人差があるということを頭にいれて、参考程度にするようにしてください。

1.褒めるのは相づち

よく女性から、「すごい!」「カッコイイ」「素敵」と言われて有頂天になったり天狗になったりしていないでしょうか。そういう自覚がある人は、ちょっと冷静になって考えてみましょう。女性の多くが、男性を褒めるようなワードを言う時は“ただの相づち”という場合があります。

また、女性は会話の中で反応に困った場合、男性を持ち上げて話しの流れを壊さないようにするという人もいます。「すごい!」「カッコイイ」「素敵」など、あなたを褒めるようなワードが出てきた場合は、あなたの話しが面白くないのかもしれません。

ただ、本心であなたを褒めている場合もあるので、見極めるためには表情によく注目しておきましょう。

2.「モテそうですね」はあなたのことがタイプではない

会話をしていて「モテそうですね」という場合は、上記の話しに興味がないというのもあるでしょうが、実はあなたの事をタイプの男性とは思っていないのかもしれません。

本心では「あなたはモテそうだけど、私のタイプじゃない」と思っている可能性があります。もし、あなたのことがタイプなら「モテそうですね」という言葉は使いません。何も言わないか、ストレートに「あなたの事がタイプです」という言葉になって現れるはずです。

3.「優しそう」「真面目そう」という言葉の裏には、あなたを魅力的に思っていない

「優しそう」「真面目そう」という言葉には、あなたに魅力を感じていない可能性があります。「〜そう」という事は、あなたのことを深く知らないからこそ出る言葉です。

初対面なら「〜そう」という言葉が出ても不思議ではありませんが、何度も合っているのに、そういった言葉が出るというのは、あなたの事を深く知ろうとしていない証拠です。つまり、あなたに魅力を感じていないのかもしれません。

4.「昔は〜だったんですね」「物知りですね」は自慢話に対する相づち

男性なら経験があるかもしれませんが、女性が一番聞きたく無いのは男性の過去の武勇伝や、自分の自慢話です。

そういった話しをしている時に「昔は〜だったんですね」「物知りですね」といった言葉が出てきた場合は、あなたの自慢話に対して「興味はないけど、とりあえず相づちをしておこう」と思っている可能性があります。自慢話はもちろんNGですが、女性がこういった言葉を言い出したら、話しのネタを変える必要があります。

女性の本音を見抜けば、あいての女性の好感度があがる!

女性は本音を言葉の裏に隠して言ってくることが多くあります。良い意味で空気の読める女性は、相手を不快にさせないように言葉に気を付けて相づちを打っているかもしれません。そういった、女性の本音をくみ取って、話しの話題を変えたり、相手の女性の趣味の話や興味のある話をするようにしましょう。

何度も言いますが、今回紹介した4つのポイントは、相手の女性によって個人差があるので、全てを鵜呑みにすると言うよりは参考程度に留めておくのが無難です。女性の本音を見抜いて、少しでも相手の気持ちをくみ取る努力をしてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加