> 恋愛 > 女性を喜ばせる方法を間違っていませんか?深い喜びを与える方法

女性を喜ばせる方法を間違っていませんか?深い喜びを与える方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.21

「お前を喜ばせるためにやったのにその反応はなんだよ!」みんながみんなこの言葉ではありませんが、自分がやったことが裏目に出たことはありませんか?なぜ、女性の心はまるで別の生き物のように理解出来ないのでしょうか。

ですが、女性からすればなぜ男性がこんなにも訳の分からないことをするのかとも思っているでしょう。この違いはなぜ生まれるのか。そして、本当に相手を喜ばせるにはどうすればいいのか?それについて本当の心理をみていきましょう。

望んでいることの違い

男性は車や家、ブランド品などの高級な物、女性は花やアクセサリーなどの安くても心がこもったもの、そうした違いが本質ではなく、これが逆でも満足する場合もあります。ですが、これはあながち間違いではありません。

女性は半年に1回大きなプレゼントをもらうよりも毎日小さなプレゼントをもらったほうが満たされることが多いです。そうした男性もいますが、男性は大きな達成を目指すことが出来れば、小さなことは見ないで進むことが出来る特性を持っています。

女性は常に感情的に満たされることが大切で、小さなことでも毎日満たされることが出来れば幸せを感じることが出来ます。男性も、小さな幸せは必要な場合はありますが、それはストレスに耐えられないときや息抜きなどに必要です。

こうした違いがあるにも関わらず、男性が失敗するパターンは自分と同じように頻度よりも質を重視します。なので、常に小さく与えるというよりも一回でドカンと大きくプレゼントするので、自分の気持ちを理解してもらえていないという気持ちになります。

こうした望んでいることの違いを理解するだけで、これからの問題を解決することにつながります。こうした喧嘩は多く「私の気持ちを全然分かってくれない」ということになりかねません。

そうした時は「なんで自分の気持ちを分かってくれないんだ」というよりも、小さくプレゼントをあげる習慣を身につければ、相手を常に喜ばせることが出来るでしょう。

男性と女性のエネルギーを意識する

こうした特性の違いがあっても、稀に女性のような男性、男性のような女性といった人をみかけることがあります。こうした違いは、男性的なエネルギーと女性的なエネルギーが偏っている人に起こります。

美人だけど近寄りがたい女性は男性的なエネルギーが強い可能性があります。逆にかっこいいけどなよなよして頼りがたい男性は女性的なエネルギーが強い可能性があります。

これは、生まれてから育ってくる中でそれぞれの偏りが始まるのですが、それが定着してしまうと、せっかく自分の性別の魅力を活かすことが出来ない人生を送ることになります。

そうした偏りを調整するためには、女性らしい女性と付き合う、男性らしい男性と付き合うことです。そうすることで本来の自分の在り方、どう在れば男性からも女性からも健康的な付きあいをすることが出来るのか。それが分かるようになってきます。

なぜ、女性は怒ったり泣いたり忙しいのか?

女性に限らず、全く相手の行動が理解出来ないことはありませんか?たとえば、急に泣いたり怒ったり、話の成り行きは全然関係ないところで訳の分からない感情の爆発に困ってしまうことは多いと思います。

そうしたことに対応するためには、相手の感情を理解するということです。女性は男性よりも感性が高い場合が多く、男性からしてみればどうでもいい行動でも女性からしてみれば自分を考えてくれていない行動と思ってしまい、問題が発生します。

トイレのふたを閉めるか閉めないかで、自分の言うことを聞いてくれないというより自分のことを気にかけてくれていないという気持ちになります。

こうした間違いを防ぐためには、自分が何の気なしにした行動によって相手が不可解な感情が出てきたら、自分は何をしたのかを考えてみてみましょう。

すると、相手を考えていないような行動をしたことが分かります。それがちょっとしたことでも反応する女性も多いので、普段から相手の感情の動きを理解しておかないと、急に見つけるのは難しいです。

女性と男性の違いに関しては色々な本が出ていますが、表面的なコミュニケーションではなく心理面の違いなど深い部分から違いを教えてくれる本は少ないようです。

大切なのは根本的な問題で、そこを解決出来れば普段から起こりえる問題の大半を防ぐこと、起こったとしても対処することが出来るようになります。

離婚や別れといった大抵の問題もこうした違いから生まれることばかりなので、感情的に行動してしまう前に、なぜこんな感情が出てきたのかを考えてみてください。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加