> 恋愛 > 何を考えてるかわからない女性達の、頭の中身を徹底解剖!

何を考えてるかわからない女性達の、頭の中身を徹底解剖!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.12

What’s Going On?

どこの環境にいても、こちらが理解出来ない事をナチュラリーにやってのけるスーパーウーマンが存在する。彼女達の言動は自己流の多言語の為、解読不能の為、時には苛立ちさえ覚えてしまう。

スーパーウーマンと自分以外の第三者が戦っている時は、常にMarvin Gayeの「What’s Going On」が流れてくる。そう!まさに「何が起きているんだ?」という疑問が頭の中を駆け巡る。しかし、その「何」の全貌が明らかにならない。

一体彼女達は何を思い、何を指標とし、行動しているのだろうか?疑問に疑問を重ねて、もはや難問となったこの謎について色々と考察してみよう。

スーパーウーマンの表情や行動

まずは表面的な所からメスを入れていくとしよう。彼女達の共通点を考えた時に、表情がどこか固いという印象が強い。同じ笑顔をしていたとしても、何故か心の底から笑っていると感じない・・・。つまり、何かもっと別の強い感情が中心にある気がしてならないのだ。

行動に移すには、脳が体の各神経に命令をしないといけない。この命令の段階で間違った命令になっていて、その間違った命令で動き出す体は既に「試作段階」を思わせる。当然、その動きは見た者からすれば「不自然」に感じる訳だ。これにはきっと心理的要因があると考えられる。

スーパーウーマンの言語

表面にメスを入れて、不自然の要因が心理的な所から来ていると分かった。次は、彼女達の取り扱う多言語に、更に切れるメスを入れる。

まず、冒頭でも触れたが第一に「何を言っているのかが分からない」それは、彼女達が完全に「利己主義」だからだ。自己主張が強く、自身に根拠のない絶対的な自信を持っていて、「負ける事」を想定していない。そんな利己主義が澄み切った心の川を濁し、濁った水からは中に何があるのか更に見えにくくしている。

だから、元々ある通常すぐ分かるはずの事を理解出来ないのは、その精神状態で自分の都合のいい勝手な言葉に変換して話す事に他ならないのだ。

ここでは学ぶべき事もある。それは、相手に早く理解してもらう事を前提に、何をどういう風にどういう言葉で伝えれば相手の理解スピードを早く出来るか?という事。自分の気持ちだけが先行し、何故理解してくれないんだ?と考えている内は、恐らく相手には半分以下も伝わらないだろう。

全く理解に苦しむ事間違い無しだ。相手が持っている知識なら、こういう言葉で話す事で理解してもらえるかな?と話す前に話す事を色々と考察して、話している最中の事も将棋やオセロ等のゲームをする感覚で先読みして対応しなければ、コミュニケーションを深める事は皆無だろう。

スーパーウーマンと上手く付き合うには?

まぁ、付き合う事を避けられればそれにこした事はないが、仕事や趣味など自分の生活で長い時間を消費する場所に彼女らがいる場合は、避けて通る事は出来ないので、双方のストレスが少しでも軽減される様なコツを見つけ、創意工夫して対応するしかない。

嫌な事は、何故か逃げれば逃げる程恐ろしいスピードで追いかけて来る事だというのは、様々な分野で皆様が経験済だろう。いくつか出来そうな事から実践していこう。

・「対等である」と念仏の様に心に言い聞かせ、こちらが大人になって対応する。

突っ張っていても、彼女達はどんどん距離を離して行くだけなので、こちらが「大人」になって、心を開く。これには最初は莫大なエネルギーを使用し、充電するのに時間がかかる為、継続する事が非常に大変・・・。

ここでオススメは、「自分が決めた基準=ライン」を落とさないというのを金科玉条として取り組む事だ。「何故、俺が折れないといけないんだ」とか「あいつは可哀想な奴だ」等を思っていたら、確実に無意識に行動に出てしまう。

興味のある方は、ナポレオン・ヒルの「思考は現実化する」を手に取って読んで欲しい。自己啓発の本としては、かなり有名な本だと思うが、思考→行動のパターンを多岐にわたる設例を用いて、分かりやすく紹介してくれている。もう既に読まれた方は理解してくれるはず!

まずはしっかりと相手を尊重し、理解を示した考えを持った上で対応するのが一つの攻略の道だ。

・適度な距離を保つ

彼女達にいきなり飛び込み営業をかけるのは良くない。まずは上項で挙げた事を意識して、様子を伺いながら少しずつ牽制していき、相手との間合いを見極める事がミッション。

彼女達は、利己主義=ワガママ・気分屋な為、タイミングを間違えると全ての努力は水泡と化してしまう。いきなり味方と思わすのではなく、敵でもなく、味方でもないという中立的な位置である事を感じてもらう必要性があると考えられる。そうやって少しずつ隙間を埋めて行く以外に、手はないだろう。

後は、周りから(スーパーウーマンの友達)順に攻め落とすのも、一つの方法だろう。ここにおけるいわゆるスーパーウーマン予備軍は、まだ話が出来るからだ。とにかく波風を立てない様に、地面になったつもりでしっかりと固めて行こう。

「何故ここまで我慢しないといけないのか?」と私も強く賛同するが、ここまで折れるのはスーパーウーマンを仲間に引き入れた時、きっと今まで見た事のない体験を味わわせてくれるだろうと、何故か直感で感じるからだ・・・。

もし、貴方がスーパーウーマン達に日々悩まされているとしたら、まず自分の基準を上げて、それを徹底して守り抜く事を意識して行動に移して欲しい。人を変えられる力を手にした時、貴方はとてつもない可能性を手に入れた事になるのだから・・・。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加