> 恋愛 > 押してダメなら引いてみる。ガードの固い女の子の攻略方法

押してダメなら引いてみる。ガードの固い女の子の攻略方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.06.12

美人ほどガードが固い?

コミュニケーション上手で接しやすい女の子は、比較的、そこまで美人とは呼べなかったりします。これには理由があります。

見た目だけで良く扱われるケースがあまりなく、コミュニケーションによる努力を欠かさずに生活して来なければいけなかったため、そう言った面が必然的に上手なんですよね。

一転、イイ女ともなれば、そう言った努力が特に必要なく生きて来れているので、あまり親しげに接してくれず、話しにくく感じられる場合もあります。ガードの面も少し固いので、攻略するには、ちょっと工夫が必要です。

メリットが無ければ

美人の場合、様々な男性に言いよって来られているので、男を見る目があります。そのため、自分にメリットのある男性としか、繋がりを求めない傾向にもあります。

仮にあなたが、金銭面や肩書きなどでメリットを持った男性なら言う事無しですが、今回はそうでは無い男性でも落とせるコツを、野球においての例えで、ご紹介したいと思います。

緩急で勝負

投手が男性で、バッターが女性だとします。体格やパワーを兼ね備えた才能溢れる豪腕投手の場合、ホームランバッターにだってそのまま力で押し勝つ事が出来ます。

ですが、そう言った才能は持ち合わせていない、ごく普通の投手である場合、最強のホームランバッター相手に、どう対応しますか?考えられる方法は一つです。コントロールと緩急で勝負する事です。

針の穴を通す様な抜群のコントロールと、球速は出ないながらも、遅い変化球と比較的速い直球との緩急で、目の錯覚を利用して、バットを振らせれば良いのです。

いや、野球を知らない方には、ちょっとややこしい例えでしょうか(笑)。とにかく、アプローチに緩急を付けてみましょう。

押してダメなら引いてみる

まずは積極的にアピールしましょう。直球です。ですが女性から見てのメリットと言う才能が無いので、その時点でその直球はキメ球としては、力無い物となるでしょう。

そこで次に、急に引いてみます。ずっとその女性へアプローチしていたのに、突如冷めた感じで、別の女性と仲良くしてみるのです。

あなたに興味を持っていないながらも、「突如冷める」と言う、急に投げられた緩い球に、心のどこかで動揺が生まれます。

そこでもう一度、直球です。もう一度女性の元へ、アプローチをかけましょう。先ほどの緩い球によって、力無いあなたのこの直球も、魅力あるスピードボールへと、だんだん見えて来るのです。これが、ガード固い系美女へのアプローチに効果的な、緩急です。

粘り強い投球で

好球必打の豪腕バッターも、このテクニカルな投球術相手には、バットを空切らさずにはいられません。

美女にはほど遠い、冴えない男であっても問題無いのです。「押してダメなら引いてみる」そんな緩急の使い方一つで、攻略は可能であると言えるのです!

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加