> 恋愛 > 彼女と別れたくなければ絶対してはいけない7つの行動

彼女と別れたくなければ絶対してはいけない7つの行動

このエントリーをはてなブックマークに追加
2012.12.06

自分勝手に計画を立ててしまう

誰でもそういう傾向って多かれ少なかれあるとは思うけど、好きな人ができると自分一人であれこれと妄想に浸ってしまう事ってないですか?一人で想像して楽しむ分には構わないけど、問題はその妄想を計画に移して更に実行しちゃうって事です。

それがいくら彼女の為にするんだと言っても、彼女にも彼女なりの考えや計画があるということを忘れちゃいけません。

例えば誕生日にサプライズパーティーをしたいと思って、勝手にイベントを予約しちゃったとします。

でも彼女は誕生日はいつも家族と過ごしているので、今年もそのようにしたいと言うかもしれませんよ。これじゃ喜ばせるどころか、かえって溝を作っちゃうかもしれません。

度が過ぎてストーカーになってしまう

好きな人と少しでも長くいたい、相手のことをもっと知りたい、更には自分のものにしたいと思うあまり、ストーカーまがいの行動に走っちゃう人が時々います。

例えば夕食を共にして彼女を家まで送った後、帰らずにカーテン越しに写る彼女の姿をずっと見てるなんていうのだめです。彼女は決してあなたの「所有物」じゃないんです!彼女の私生活に立ち入るようなことをしてはいけません。

子供のように駄々をこねる

本人は彼女がお姉さんやお母さんみたいに見えるのか、あるいはかわいく見られたいと思って愛嬌を振り撒いてるつもりなのか知らないけど、子供のように駄々をこねる人がいます。

家庭で甘えて育ってきたのかも知れないけど、女性から見ると男性のそういう姿はかわいいんじゃなくて煩わしいです。

女性が男性を見て「子供みたい」って言う事あるけど、それは決して「かわいい」って意味じゃなくて「手が掛かって困る」っていう意味合いだってことお忘れなく。

「自分はダメな人間だ」という意味の言葉を連発する

時々、自分を悲観するようなことばかり言う人がいます。本人は謙遜のつもりなのでしょうが、謙遜と自分を悲観するすることとは全然意味が違います。それって「自分はダメな人間だ」と言うことを彼女にアピールしているのと同じですよ。

女性がそういう自信の無い男性に、魅力を感じると思います?極端に言うと「こんなダメ人間いつでも捨ててくれ」と言っているのと変わりません。

相手が傷つくことを平気で言う

「自分は正直だから」「自分は嘘付けないから」「思ったことは言わないとストレスになるから」などといった理由で、思いつくまま言葉に出しちゃう人いますけど、それって「あんたはそれでいいかも知れないけど、言われた身にもなって考えてよ!」って言いたくなります。

そういう人ってそれを言ったら相手の心にどんな変化が起きるかという事を全然考えてないんです。つまり一言で言えば「自己チュー」ってこと。

転んで膝を擦りむいても、消毒して薬を付けておけば治ってしまうけど、言葉でできた傷を治すのに付ける薬は無いんだってこと覚えといてくださいね。

他人と比較する

もっときれいになって欲しいとか、もっと上手になって欲しいって思うあまり、ついつい他人と比較する人がいます。しかしこれは百害あって一利なし!立場を置き換えて考えてみれば分かりますよね?

他人と比較されて傷つくことはあっても意欲が湧く人なんていません。比較され続けるとやがて「あなたにとって私は足りないところが多いみたいね」と言ってあなたのもとを去って行きますよ。

むやみにスキンシップを求める

スキンシップ自体は愛情を深めるのにプラスになるのは確か。でも、時と場合によっては避けた方がいい場合も。

例えば夏、汗でベタベタになっているところでスキンシップを求められるのはとっても不快です。また体調が良くない時にスキンシップされるのも迷惑です。

むやみやたらなスキンシップはかえってマイナスになりかねません。気配りの無い行動は「彼女を遠ざける近道」だということを忘れないでくださいね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加