> 恋愛 > 温かい家庭を望むなら。結婚相手を探す合コンで避けておきたい女性像

温かい家庭を望むなら。結婚相手を探す合コンで避けておきたい女性像

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.20

合コンは女性の戦場です。素敵な男性をゲットするために女性達は何万匹もの猫を被っています。特に密かに女性の間で「合コン女王」と呼ばれている女性は、避けた方が良いでしょう。

合コン女性の特徴

多くの場合、そういった女性は容姿が美しく、男性に甘え上手で合コンに行くとほとんどの男性をさらってしまいますので、女性から疎まれることが多いのです。また、その女性は、男性に自分が男性にとって魅力的であることを知っていて、男性を上手に操れるのです。

多くの男性がその女性の表面の美しさと優しさに騙されているので、女性達は彼女を「合コン女王」と言うのです。つまり、男性には見破れないということです。

しかし、彼女は男性の前と女性の前では態度が違うのです。そして女性の前での態度が結婚してからの夫への態度となります。彼女に限らず、多かれ少なかれ女性にはそういった傾向が有りますが、彼女の場合はそれが極端なのです。結婚したら妻が豹変したと嘆く男性が多いのはこのためです。

そして、ほとんどの場合、その女性は男性を値踏みします。どうせ付き合うなら、男性の肩書や収入が良い方が楽しめると思っています。

極端な話、恋愛と結婚は別と割り切って、デートするのにカッコイイ男性を選び、学生のうちはとことん遊んで、結婚は親の勧める堅実な見合いをして、専業主婦で優雅に暮らすことを望んでいる人もいるからです。そういう女性は、あなたの人生に乗っかって自分が優雅に暮らすことしか考えていません。

それなのに、もしあなたが人生で苦境に陥ってしまったとしたら、助けるどころか「こんなはずではなかった」とさっさとあなたを捨てて、新しい人生のパートナーを探しに出かけてしまう可能性も大いにあり得るのです。そんな踏んだり蹴ったりの目に合うのはまっぴらですよね。

人の結婚観はそれぞれなので、そういった女性の方が都合が良いと考える男性もいるかもしれませんが・・・。

「合コン女性」を見破る方法

合コンに気合を入れていつも着ないような一張羅を着ていかないことです。特に少々実家に財産が有ったり、いわゆるエリートと呼ばれる肩書や収入を有している場合はなおさらです。

まず、合コンで名刺交換は避けておきましょう。会社や部署を初めから言うのも止めておきましょう。少し曖昧にしておいた方が良いのです。何しろ初対面なのですから、初対面から、大学や会社名や収入を聞いてくるようなガツガツ女性に適当に答えたとしても失礼には当たりません。却って、初対面からそんなことを聞いてくる女性の方が失礼なのです。

女性慣れしていない人には、「合コン女王」を見破るのは難しいでしょうから、合コンで連絡先を交換して、次回会った時におごってもらうのが当然、買ってもらうのが当然、といった女性はパスしましょう。

また、男性の仕事の都合を考えずに昼間にメールや電話をしてくる女性もパスですね。昼間メールをしてくる女性は、その時間に仕事が上の空の証拠です。仕事を真面目にしていたら女性も昼間にはメールや電話はできないはずです。

一概には言えませんが、常識的な女性は、あなたに好かれようと最大限の気を遣うはずです。だからメールの文面に礼儀を感じられない女性は無神経と思いましょう。「自分のメールを相手が待ち望んでいる」「自分のメールは最優先される」なんて勘違いしている女性は論外です。そういう女性は、メールの文章に相手への気遣いが感じられないだけでなく、自分を可愛く見せることだけ考えたメールとなる傾向が大きいからです。

だから、付き合って少しでも「自分が無理をしている」と感じる女性は避けた方が良いでしょう。彼女の気遣いが心地良く感じる女性なら大丈夫です。

恋人と温かい家庭を作りたいなら、失恋を恐れてはいけません!

彼女の表面の美しさや言葉だけに囚われて、「彼女が欲しい」「結婚したい」という頭の判断に任していては女性の本心を見間違えてしまいます。

一番危ないのが、寂しいから彼女をつなぎとめようと必死になると相手への観察力どころか「恋は盲目」状態になってしまいますので気をつけましょうね。

たとえ彼女に捨てられたとしても、結婚して離婚するよりも今捨てられておいた方が、幸せな人生を送れるということを心に留めておきましょう。

あなたが温かい家庭を望むなら、妻にする女性は、あなたを愛し、家族の幸せを願い、あなたのために必死になってくれるのが理想でしょう。やはり人生の苦しい時こそ力になってくれるようなアゲマン女性がいいですね。

どんな奥さんがつくかで人生変わる男性もいるのです。どうせならアゲマン女性と結婚して、楽しく幸せな人生を送りましょう☆

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加