> 恋愛 > 異性の間に友情はある?男女間の永遠のテーマを考えよう!

異性の間に友情はある?男女間の永遠のテーマを考えよう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.18

異性の間には、はたして友情はあるのでしょうか?一歩間違えば恋愛に発展してしまう可能性があるのが異性。同性の友達と異性の友達とでは意味合いが異なります。異性の友達について考えましょう。

これは永遠のテーマと言ってもいいかもしれない男女間の友情。人によって捉え方が異なります。異性の間に友情は成立するという人と、異性の間には友情は成立しないという人。皆さんはどの考え方でしょうか?

異性間に友情は成立しない

異性の間には友情は成立しないという人の大半の意見は、例えこちらが友情だと思っていたとしても、相手が恋愛感情を持っているかもしれないという事です。それが基本的には無いと思っていたとしても、100パーセント無いとは言えない、だから成立しないという意見です。

この場合は人間同士の信頼関係に等しく、例えば一方が友達だと思っていても、一方は仕事仲間だと思っていたという様に、確かにアンバランスになる可能性をはらんでいます。

しかし、友達と仕事仲間という関係においては、友情が成立するかしないかというテーマにすらならないのも事実。男女というところに意識を向けすぎているのか、それともそれくらいの配慮をしておいた方がいいのかは、それぞれの関係のバランスです。

また、男女の友情が成立しないと仰る人の場合は、万が一お互いがその時は友達としか思い合っていなかったとしても、どちらかの失恋のパターンや、何らかの悲しい事があった時などに、突発的に恋愛に発展してしまったり、その場の関係になってしまう可能性もあるという意見もよく聞きます。

確かにこれは男女ならではの事。しかし、それは人間関係の友情から恋愛へ発展した場合の話で、今までは友情は成立していたけれど、これからは恋人としての付き合いだという風に変化をしたものと捉えれば、全く友情が成立しないという風に言い切る事も難しいかも知れません。

赤の他人が、入籍をしたり、養子縁組をする事によって家族に早変わりする様に、関係というのは変わる場合があるという事を、友情が成立すると捉えるか、成立しないと捉えるかは難しいところです。

異性間に友情は成立する

異性間に友情は成立すると言う人は、人間関係において男女という事を意識していないから成立するという人が多いのです。男女に友情が成立しないという時点で、男女という事を意識し過ぎている。だから、かえって友情が成立しにくいのでは無いか、男女の間で友情が成立すると思っていると、異性に対してワザワザ異性として意識する事が無い。

という意見があります。確かに心理学的に言うと、友達と認識してしまった異性に対して恋愛感情を抱く確率はグンと下がります。そういった事からも、男女間には友情が成立すると考える事は可能です。

また、仕事上の付き合いでは男女間を意識する事無く接待や打合せをするシーンが多いです。そんな時には仕事だからと理解が出来るのに、プライベートになると、男女間だから一緒に食事に行く事はNGという意味合いに理解が出来ない人もいます。

もしも男女間に友情が成立しないのであれば、男女間の仕事のパートナーも成立しないのでは無いでしょうか?仕事上の付き合いでも恋愛に発展する可能性があるのはプライベートと何ら変わらず、むしろ友達と認識していない分、恋愛感情を抱く確率は友達よりも高いからです。

反面、仕事は恋愛感情を抱く可能性があろうが無かろうが、仕事という大義名分の元に成り立っているバランスだから、仕事は仕方が無いという意見もあります。

結局はその関係性次第なのでしょうが、友情は成立すると思っている人同士、成立しないと思っている人同士のカップルはいいとして、考え方の違う人同士のカップルは、価値観をすりあわせておく必要がある様ですね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加