> 恋愛 > 女性と男友達のように接することで勘違いされる人のポイント

女性と男友達のように接することで勘違いされる人のポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.08

「女性を友達として見れない」そういう人もいれば、女性と普通に友達になれる人もいます。どうしても女性として意識してしまう人は中々女性友達は出来ないかもしれませんが、逆に男友達のように接することで女性から勘違いされることがあるようです。

勝手な思い込み

特に優しい男性は、女性でも男性のように接することで仲良くなろうとしたり、男性のようじゃなくても優しく接することで仲良くなろうとします。もちろんそれによって仲が良くなることも多いでしょうが、それで女性が勘違いするケースもあるようです。

それは女性の勝手な思い込みともいえますが、男性の勝手な思い込みともいえます。「こう接すれば友達になれる」と思い込んで接したことが、女性からすれば「こんなに優しくしてくれるなんて、特別な気持ちがあるのかな」と思い込んでしまうかもしれません。

もちろんこれは逆の場合もあり、タイプの異性に優しくされたら気があるのかなと思ってしまう人も多いのではないでしょうか。こうした勝手な思い込みによる行動は、後から思いもよらない方向に向かうことがあります。

優しさが怒りへ?

優しい人が怒る経験をしたことはありませんか?人は不思議なものでほんわか優しい人のそばにいる人は少し怒りっぽくなったりイライラする人に変わることがあります。それは性格もそうですが、それよりは感情的なバランスによって起こるようです。

これは恋愛でもいえることで、自分に気があるんじゃないかと期待させる行動を取れば取るほど、後から気がなかったということが分かればその期待させた分、相手から怒りや悲しみとして気持ちが返ってきます。

どんなことでもそうですが、相手に期待させることをすれば、それを裏切る形になると相手の期待がネガティブな気持ちに変わります。結婚詐欺などのプロの手口は、自分は詐欺だったことを伝えても相手は信じ続けるほど、相手に期待を超えて信頼させ続ける力があるようです。

なので、たとえ自分は優しく接することが心情だったとしてもそれが相手にとって期待させることであるなら、最初からそうした気持ちの面で期待させる約束をしないことが大切です。それが優しさから怒りへ変わる原因でもあります。

強気な女性は損をする?

女性の中には男性のような人もいます。これは、自分の中の男性のエネルギーと女性のエネルギーのバランスによって起こることですが、女性っぽい男性がいたり男性っぽい女性がいるのは、こうした感情のエネルギーによるものといわれています。

そして、男性のような女性は損をすることが多く、たとえば本当は女性として扱って欲しいのに扱ってもらえなかったり、かよわい女性を見るとイライラする反面、それを見る男性は釘付けになっていたり、女性らしいスカートやワンピースを着るのに抵抗があったり、色々なデメリットがあります。

男性の場合は強気な男性は男性エネルギーが強いため、仕事や生活では重宝する場面もあったり女性から男らしいと見られることもあります。こうしたバランスのズレによって惹かれる相手が変わるようで、強気な女性には弱気な男性、弱気な女性には強気な男性が惹かれることも多いようです。

こうしたズレは、女性が男性っぽくならないといけない環境、男性が女性っぽくならないといけない環境にいたことが原因で、それによって自分の中のエネルギーのバランスが取れないことがあるようです。

このズレを修正するには過去のトラウマや競争心を癒すことによって修正されることもあれば、ちょっとした出来事で修正されることもあり、その度合いは人によって違います。

綺麗を目指していても可愛くなれない女性は男性エネルギーが強いかもしれません。それは仕事が出来る女性にならないといけないという気持ちが強かったり、周りから批判されたくないという気持ちが強いと、そうした鎧を身にまとうようになるようです。

女性らしさを取り戻すために家庭に戻ると香水をつけたり可愛らしい服やアクセサリーを身につけたり、だんだんと可愛らしさを取り戻すことをすれば、女性らしさが戻ってくるでしょう。

色々な自分を経験する

「自分はこうなんだ」という思いがあっても、人は色々なパターンの自分に変われます。いつもイライラしている人は穏やかになったり、いつも前向きに明るく大きな声で頑張っている人は、落ち込んだ気持ちをずっと感じている人になったり。

そうなると嫌な自分がいるので今の自分でい続けますが、違う可能性の自分も認めて色々な自分を経験出来れば、それだけ周りの人も理解出来るし人生もダイナミックになっていくようです。色々な自分を経験すると、同じ相手でも色々な接し方が出来たり、本当の意味で心が通じ合った関係になることも出来るでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加