> 趣味・ライフスタイル > 夢を実現する人と実現しない人。実現する人がやっている3つのこと

夢を実現する人と実現しない人。実現する人がやっている3つのこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.04.23

夢を実現する人としない人。実現する人はすんなりすることもあるし、頑張ってようやくすることもあります。実現出来ない人は夢を語って気付いたら人生が大分過ぎていたという人もいると思います。

夢を実現する人は、夢が曖昧ではなく実現するものだという当たり前の感覚を持っているので、実現されることは共通のことです。その他にも夢を実現出来る人に共通することがあります。

夢を具体的に実現するプランがある

夢を実現する人は、その名の通り実現するプランを持っています。ほとんどの人は夢と聞いた時点で達成出来ないもの、むしろ夢を語るだけで楽しいといった感覚を持っている人もいますが、夢を実現する人は夢を一般的な夢と捉えるよりも、実現出来る予定のような感覚を持っています。

予定なので、仕事や旅行みたいなもので、次はこれをやって次はここに行って、そういった道筋をしっかり持っています。

もちろん、実現するためには100%ほどの確実性はないかもしれませんが、これだけやっておけば達成されるだろうといった曖昧ながらも確信的な、夢を通り越してこれだけやって達成されないわけがないといった包括的な考えを持っています。

たとえば、スポーツで全道大会を目指していたら、全国大会に出場するチームの練習やトレーニングを取り入れれば、全国はいけないかもしれないけど全道はいけるだろうといった、目標を通り越した考えを持つと、気が楽なまま夢へと向かうことが出来ます。

夢が達成できない人は、夢を実現したいと思っていながらどこか自分は無理だという確信を持っているので、行動出来ません。ですが、やってみたら以外と簡単だったという人も多いのではないでしょうか。

宝くじのように運まかせの夢は誰でも達成することは難しいかもしれませんが、ビジネスやスポーツなど、経験と実力と計画があれば成功していけるものであれば、プラン立てていけば誰でもスピードは違うにしろ、夢に近づいていくでしょう。

実現する一歩手前で止まらない

夢をいつも実現する途中で止まってしまう人がいます。これはとてももったいないことですが、成功することによる恐れが自分を邪魔する可能性があります。失敗する恐れは誰でも持っていますが、人によっては成功の恐れのほうが多い場合があり、成功の一歩手前でなぜかやめてしまうのです。

成功することによってプライベートな時間がなくなったり、妬まれたりすることが嫌で自分で止めてしまう現象です。ですが、夢を実現する人は一歩止まらずスーっと進んで行ってしまいます。

なので、失敗の恐れと成功の恐れがあるうちは行動しても達成できない可能性があるので、なぜ自分で自分をストップさせてしまうのかという感情を癒すことが最初のポイントです。それが癒されると、もうその感情を感じなくなるのでスーッと進んでいくことが出来るでしょう。

周りと調和していない

周りの人が大きいと思う夢を実現している人は、ほぼ必ずといっていいほど周りから応援されています。それも、成功している大きさに合わせて沢山の人が応援してくれています。ですが、夢が実現出来ない人は自分一人で最初から最後までやろうとします。

どんな分野であってもそれをすでにやっている人、もしくはそれに近いヒントを与えてくれる人がいて、それは図書館などでも気軽に見つけることが出来ます。そうしたものから得るものは、たった一言でも人生を変える気付きになる可能性があり、成功する人はその1つ1つを大切にしています。

これは、スポーツでも同じで自分より上の選手からいわれた一言を大事にしていた結果、実現することが出来たという人もいるでしょう。どんな分野でも周りの人から助けてもらったりヒントを求めるような行動はとても大切で、人生で何倍も加速させてくれます。

たとえ成功したとしても、それまで10年かかるのか50年かかるのかでは、達成出来ることの数にも影響が出てくるでしょう。周りの人は思っている以上に大きなヒントをくれることがあります。

これらの3つは夢を実現する人、それも比較的軽やかにスムーズに達成する人の共通点です。どれだけプランが上手くて感情的なブロックがなかったとしても周りから応援されてないと中々スムーズに達成出来ません。

逆に周りから応援されていても自分が何をやりたいのか決まっていなければ進むことが出来ないでしょう。これらのバランスを取りながら進んでいくことがスムーズに夢を実現する方法です。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加