> 趣味・ライフスタイル > もうテレビは必要ない!?YouTubeを活用して楽しい毎日のすすめ

もうテレビは必要ない!?YouTubeを活用して楽しい毎日のすすめ

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.11

2014y03m10d_160638948

YouTubeは、世界で最もメジャーな動画配信サイトです。個人が無料で登録して動画を投稿したり、利用することができますので利用者数も多く、とても参考になるムービーが多いですから、もはやテレビを見るよりもYouTubeの方がいいという人も多いでしょう。YouTubeで快適な生活を考えていきます。

YouTubeを利用して快適動画ライフを!

YouTubeは、現在インターネット上で存在する様々な動画共有サイトの先駆けとなる存在です。最も古くから存在し、多くの人が無料で利用できることからも現在までにとても有名になり、今では知らない人がいません。

YouTubeでは他のどのサイトよりも多くの動画を検索することができます。それ以外の様々なサイトと比べても、迷惑な広告が多数表示されたり、動画の再生中に何度も停止して動画が再生されるなどの悪質なものは一切なく、あくまでもユーザーが最も見やすい動画サイトとして存在します。

YouTube自身で表示させている広告は動画ページの右上に表示されるものと、動画の下の方にちょこっと表示されるGoogle広告のみで、後は一切ありません。近年、動画を再生する前に表示するようになった広告は、この後で説明していきますが、動画の投稿者が任意で表示させている広告になります。

このようにただ営利目的で広告を表示させるだけでなく、動画の投稿者や利用者をうまく連動させていくことで広告表示に理解を示してもらい、あくまでもユーザー中心の動画サイトとなっているのです。

商品の検索やレビューの確認に!

YouTubeでは商品やその使用感、レビューを確認することもできます。動画ならではの持ち味を利用して、現在興味のある商品を実際に使っている人のレビューなどを確認することができるのです。それは不動産や賃貸物件の検索であったり、楽器や音楽機材のレビューであったり、車であったりと、様々な商品を動画で検討することができる便利なサイトでもあります。

そして、こうした様々な人が利用していることによって、必ず自分の興味の持てる動画が見つかるはずです。たとえば音楽が好きな人はライブやコンサートの動画を、車が好きな人はレースやドライブの動画をという風に、自分の見たい動画を何度も自分の見たい時に再生することができるのも、YouTubeの魅力です。

アプリと連動してアカウントを共有!

YouTubeはスマートフォンやアプリケーションの普及によって、さらに便利に利用できるようになりました。スマホをアプリでYouTubeの公式アプリと連動されることによって、パソコンとスマホの両方でアカウントを共有できます

いちいち見たい動画を一から検索しなくとも、お気に入りや「後で見る」に登録しておくことで後から何度でも便利に再生できますし、それがパソコンとスマホの両方でおこなえます。当然、自分の動画の管理もパソコンとスマホの両方から可能になりますし、スマホから直接動画を投稿することもできるようになります。

個人が無料で動画を投稿できる事で、現在では多くの人間が自身の活動であったりサイトや商品の宣伝をしています。世界中の人に効率的に自分の活動を知ってもらえる良い情報発信の場となり、もはやプロの現場でもYouTubeを宣伝代わりに利用している団体は多いです。

こうしたビジネスからプライベートまで幅広く利用できる事こそがインターネットや様々な業界で幅広く普及する大きなポイントですし、信頼性の高さや知名度、世界シェアから考えても、YouTubeは十分にその条件を満たしたサイトといえます。

自分でオリジナルムービーを投稿しよう!

YouTubeに慣れてきたら、見ているだけではなくて自分のオリジナルムービーを投稿してみましょう。もちろん顔を出さなくとも良いですし、どんな内容のものでも一般的な常識の範囲内でしたら何を投稿しても良いのです。

自分から情報発信ができて、それを多くの人に見てもらったり評価してもらえる楽しさは、実際に投稿したことのある人でなければわかりません。どこぞのサイトと違って、ただ荒らしたいだけの人間や批判したいだけのコメントも少ない気がします。

YouTubeに動画を投稿してから、近年ではYouTubeの編集ツールで画質効果を加工したり、トリミングしたりと様々な事がサイト上でできるようになり、ますます便利になりました。自分のオリジナル動画であれば何を投稿しても良いので、あなたも投稿者になってみると、よりYouTubeを楽しめるはずです。

YouTubeで広告収入を!

そして、YouTubeでオリジナルムービーを投稿することで、その動画に広告を掲載できるようになります。この広告は再生数や閲覧数にあわせて収益が発生するもので、YouTube側だけでなく、動画の投稿者もまた、収益を得ていくことができるのです。

自分のオリジナルムービーの再生数が伸びれば、それだけ多くの広告収入が見込めるということであり、より多くの人の興味をひく動画を投稿すれば、それだけ広告収入も得やすくなるということです。中にはYouTubeの広告収入だけで生活をしている人も現在ではいるでしょう。YouTubeは単に動画共有サイトではなく、現在では立派なインターネットビジネスの場でもあるのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加