> 趣味・ライフスタイル > ヤツレ顔に困っていませんか?ふっくら頬と笑顔を手に入れるポイント

ヤツレ顔に困っていませんか?ふっくら頬と笑顔を手に入れるポイント

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.19

人それぞれいろいろな体系や顔の形がありますが、その中でも特にヤツレ顔をコンプレックスに感じている人も多いのではないでしょうか?女性であればなんだか冷たく見えてしまいますし、男性であれば弱々しく見えてしまったり、自信がなさそうに見えてしまうこともあります。

今回は、そんなヤツレ顔を普段の生活の中の習慣で改善していき、ふっくらとした頬を手に入れて自信を取り戻すための習慣について考えていきます。

なぜヤツレ顔になるの?

そもそも、なぜヤツレ顔になってしまうのでしょうか?特にヤツレ顔を抱えている人は、女性よりも男性に多いです。その理由としては男女間の体質の違いで、女性は大人になるにつれて子育てという生殖活動にそなえて肉付きが良くなっていきますが、男性の場合はそういうことがありません。

ヤツレ顔になる理由には様々なものがあります。まず一つ目としては遺伝です。家族や親戚にそういうような人が多い場合は、遺伝の要素が強いでしょう。また、体質的にたとえばほお骨が出っ張っていたり、顎のエラが出やすかったりといったものも原因になります。

ストレスが多い人もヤツレ顔やコケ顔になりやすく、ストレスを強く受けると死亡が燃焼されていくのですが、まず真っ先に顔の頬のような薄い部分から肉が削がれて痩せていきます。

また、ストレスで歯ぎしりや歯を食いしばる癖がある人は、それだけ顎に負担がかかっており、ほお骨やエラが出っ張る原因となります。自分の歯を舌で触れてみて、溝が深かったり、削れていたりすると、無意識のうちに歯を噛み締めている可能性が高いです。

頬や表情は筋肉で作られる!

では、こうしたヤツレ顔を改善していくにはどうすればいいでしょうか?まず一つ目として、遺伝や体質と言うものがありましたが、申し訳ありませんがこうしたものに関してはどうすることもできません。

ほお骨の出っ張りやエラの出っ張りは、整形でしか治せませんが、頬の肉や筋肉であれば、改善していくことができます。

とくに大人になるにつれて笑ったり怒ったりと、喜怒哀楽を顔で表現することが無くなるため、どんどん表情筋が衰えていきます。表情筋も筋肉ですから、使わなければどんどん衰えていってしまうのです。

そして、この筋肉が衰えていくことによって、どんどん頬の肉付きが悪くなってきて痩せこけていきますし、表情が削がれてしまって恐い顔になったり、無機質な顔になってしまいます。

頬の骨や顎の骨に関してはどうすることもできませんが、表情の筋肉は自分で対策をすることができますし、この表情筋が顔の印象やヤツレ顔にとってとても重要なポイントになりますから、しっかりと普段の生活で表情筋を取り戻していきたいところです。

筋トレを習慣にしよう!

ということで、表情筋も筋肉ですのでもっとも効果的な方法は筋トレになります。表情筋のトレーニングといっても、鉄アレイもダンベルも要りませんから、簡単に毎日続けていくことができるものです。

そして、毎日たった3分でも継続して続けていくことで、表情筋を普段から使っていくことがとても大切になってきます。

表情筋の筋トレは簡単で、まず口を縦に開けます。そして下あごを前に突き出して唇がそれぞれの歯にめり込むような形にします。あとは、頬の筋肉をクイッと上げることを意識して、その状態をしばらくキープするだけです。

この時に、しっかりと頬の筋肉が使われていることを意識することです。そして、キープしたまましばらく辛くなるまで続けます。辛くなってきたら一度顔を緩めて頬をマッサージします。

これを何度か繰り返すだけです。また同時に、頬の筋肉やハリを高めていくには頬がふっくらしやすい食物をとるのがいいです。案外ご飯は太りやすいと言われていますが、ヤツレ顔の人にとっては好都合です。

ご飯をたくさん食べたり、普段よりよく噛んで食べることでより顎を動かし頬の筋肉を鍛えられますし、近年ではサプリメントで効果的に栄養素を摂取できますから、コラーゲンなどをあわせて摂っていくと、頬がふっくらします。

鏡を見てトライすると効果倍増!?

この頬の筋トレの時に是非とも実践して欲しいのは、鏡を見ながらトライするということです。鏡を見て、自分の変な顔に笑ってしまいそうになるかもしれませんが、自分の顔の筋肉がどのように動いているのかを良く見ることができます。

それによって筋肉を意識して筋トレができるため効果が更に高まります。また、筋肉のキープのしかたも、微妙に顔の表情を変えたり、頬のつり上げ方を変えるだけでもまた別の部分の筋肉が使われているのがわかるかと思います。

このようにして自分が必要だと思う筋肉を効果的に動かして鍛えていくことができますし、そもそも普段鏡を見ることはあっても、自分の顔をそんなにまじまじと見たのは久しぶりなのではないでしょうか?

こうしてしっかりと自分の顔や顔つきを見て記憶しておくことで、普段どのような表情をすればいいかもよくわかってくると思います。より自分の顔つきや振る舞いに自信が持てるようになること間違いなしです。

表情筋をうまく笑顔に使う練習

この頬の筋トレと鏡を見ながらおこなう習慣をうまく利用して、自然な笑顔を作る練習をしてみてください。

いくら表情筋を鍛えたところで、それが普段の生活で生きてこなければ、まったく意味がないわけです。しっかりと表情筋を鍛えていってそのついでに自分の顔の表情や笑顔の作り方を研究するといいでしょう。

普段はちゃんと笑えていますか?笑えているつもりになっているだけで、実はすごく恐い顔をしているかもしれません。鏡を見て顔の表情を研究することで自分が普段どのように筋肉を動かすと、どのような表情を作れるかもわかってきます。

自分の顔が普段どのようになっているかが手に取るようにわかれば、おのずと自分にも自信が湧いてくるというものです。

せっかくヤツレ顔を解消して普段から表情筋を鍛える習慣を身につけるのであれば、普段の生活でもその表情筋を使っていけるように工夫していくと、より良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加