> 趣味・ライフスタイル > ヤフーオークションを活用して毎日の生活を快適に

ヤフーオークションを活用して毎日の生活を快適に

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.05

2014y03m04d_190424382

ヤフーオークションは、個人向けネットオークションの中でも特に有名です。オークションに抵抗がある人でも始めやすい豊富な商品とカテゴリで、見ているだけでも楽しくなります。まずはヤフオクを見るところから始めて毎日の生活にゆとりを持ちませんか?

ヤフオク!利用してる!?

国内最大手のオークションサイトにヤフーオークションがあります。近年正式名称を変更してヤフーオークションから「ヤフオク!」に変更になりました。ヤフオクを利用して生活を豊かなものにしていくことができます。

ヤフオクは、必ず登録をしないと見れないわけではありません。登録をしなくとも商品の検索や一部の落札ができるなど、ウインドウショッピングや通販としても楽しく利用できます。ヤフオクは、国内でも最も古くから運営されているオークションサイトで、しかも非常に多くの利用者が存在しますから、とても便利です。

出品数や商品カテゴリーに関してもダントツで国内ナンバーワンを誇っており、何を調べるにしても、とても便利に利用できます。たとえば、一人暮らしの前に冷蔵庫や洗濯機などの家具家電を買いそろえようと相場を下調べするのにも、ヤフオクは便利に利用できます。中古車の購入の相場や車種を調べたり、楽器やパソコン、カメラなど、趣味のものに関しては本当に楽しくウインドウショッピングができます。掘り出し物にワクワクするのもヤフオクの魅力でしょう。

オークションは世の中のニーズを映し出す!?

オークションの相場は消費者の相場ですし、その業界の販売価格の相場ともなります。現在では物が売れない時代と言われていますが、それがわかるようにヤフオクの消費者相場がどんどん下がってきています。

一昔前までではもっと高値で取引されていた商品が現在では非常に安価な落札価格となり、それ以上の価格をつけている商品はぜんぜん売れなくなってきています。こうしたことからも時代の流れや金銭状況などが良くわかります。中古車の販売市場でもオークションの相場価格を基準にして価格が決められているなど、消費者の需要と供給にあわせて値段設定や商品販売をしていく上で、オークションは欠かせない相場となっているのです

ヤフオクは中古だけじゃない!

また、ヤフオクは中古だけではありません。オークションといえば中古の商品を売買する場として考えられがちですが、新品も沢山出品されています。ヤフオクのショップとして認定されれば、商品を新品から中古まで幅広く販売し、ヤフオクを通販市場として利用することができるからです。そして、案外その他のお店やストアで購入するよりもヤフオクで購入する方が安く販売されている場合も多いです。

ヤフオクでは、やはり消費者の相場を把握しやすい市場として、他よりも消費者の需要にあわせて値段設定をつけられているのもポイントとなります。何かを新品で購入する時にはネットストアやAmazon、楽天ストアなどを見るでしょうが、ヤフオクも立派に新品購入の比較対象となります

ウインドウショッピングや相場の検索に!

こうしたことからヤフオクは、中古商品の取引だけではなく新品も取引されていますし、幅広い商品の量から考えても、ウインドウショッピングには最適な市場でもあります。モノを購入する時の参考にしたり、そのカテゴリの商品を購入しなければいけなくなった時に、同種の商品がどれだけ幅広いかを調べることもできます。

たとえば、車を購入する際には、どのような車種があってどの程度の値段で取引されているのかがわかりますし、引越しの家具家電を購入する場合もそうです。楽器の検索や掘り出し物を発見することもできますし、見ているだけでとても楽しくなってくるのがヤフオク最大の魅力です。

自分で不要なものを出品してお小遣い稼ぎ

ヤフオクを利用していく上で、やはりどうせならば自分も商品を出品したいところです。商品を出品することで消費者に自由に価値がつけられ落札されますから、価値がないと思っていたものでも売れることが多いですし、中古買取店でほとんど値段のつかなかったものでも諦めるのはまだ早いです。

ヤフオクの最大のメリットは、この商品の個人売買だといっても過言ではありません。通常、モノを売る時には中古の買取店へ持っていくか下取りに出すのが一般的になりますが、中古品の買取店も消費者から購入した商品に価値をつけて販売することで、その差額を元に利益を出しているのです

たとえば、市場で10万円で販売されているものの買取価格は10万円ではありません。そのせいぜい2~3割程度が妥当でしょう。売れない商品の在庫を抱えるリスクも含めてこのような値段設定をつけられています。つまり、10万円の市場価格の中古品をリサイクルショップなどで売却すると、手元には良くて3万円程度しか入らないということです。それであればオークションで直接販売すれば、8万円で売れたとしても買取価格の倍以上です。消費者も安く落札できて、売却側も高く売ることができるのがオークションの最大の魅力なのです。

スマホアプリと連動して落札と出品が容易に!?

ヤフオクで商品を落札するには、いくつかのステップを踏まなければいけません。まず、ヤフオクを利用するには会員になる必要があり、Yahoo IDが必要になります。会員登録を無料で済ませれば、商品の落札が4,999円までできるようになります。ちょっとした雑貨や服であれば、誰でも登録さえすれば購入できて、新品の通販サイトとしても利用できるのです。

そして、5,000円以上の商品を落札するにはプレミアム会員登録が必要で、月額300円ほどの費用がかかってきます。さらにそこから自分で出品できるようになるには、Yahooウォレットやクレジットカードの登録が必要になるシステムとなっています。

ここでYahooウォレットに登録できる銀行口座は限られており、その口座を持っていなければ一から口座開設をしていかなければいけない事になり、商品を出品できる状態になるまでに1ヶ月以上かかります。ヤフオクは便利ですが、非常に手続が面倒だというイメージを今でも持っています。

ところが、ヤフオクで近年はスマートフォンのアプリが登場し、この常識が覆されました。ヤフオクアプリではスマホ自体の端末情報を使うため誰でも料金に制限なく落札ができ、出品もアプリの使用で回数制限なく出品できるようになりました。ますます使いやすくなって快適になったヤフオクを利用しない手はないです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加