> 趣味・ライフスタイル > 野暮な男と思われない為に気をつけたほうがいい事とは?

野暮な男と思われない為に気をつけたほうがいい事とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.21

野暮というと、どんなイメージでしょうか?

野暮というと、皆さんはどのようなイメージを持っているでしょうか?グズグズしていて鈍感というようなイメージもあれば、気づくのが遅かったりデリカシーに欠けるというイメージを持っている人もいるかもしれません。また、垢抜けないというイメージを持っている人もいるでしょう。

外見の野暮ったさは解消できるが・・・

野暮なことを言うもんじゃないよ、というような言い回しもある通り、あまりいいイメージではないのは確かなようです。外見が野暮ったく見えてしまうのは仕方がありませんし、洗練されたら消えていくのも外見の野暮ったさというものです。なかには、少し野暮ったく見えるのが魅力に繋がっているという場合もあったりします。

しかし、内面が野暮という場合には、それが魅力に繋がるという場合は殆どと言ってもいいほど無いかもしれません。デリカシーの無いほうがいいという人も稀にいるかもしれませんが、気を遣わない仲とデリカシーが無いのとはまた違います。

内面が野暮だとなぜいけないのか?

なぜ、内面が野暮の人が嫌われることが多いのかというと、気を遣わないのを当たり前と思っている部分が多々ありますので、人を平気で傷つけてしまう場合が多いからでしょう。自分では親切だと思っても、他人からしたら余計なお世話ばかりをしている人というのも野暮であるといってよいでしょう。

もしも、人から野暮なことを言うなとか、野暮なことを聞くもんじゃないよ等と指摘された経験があるという人は、自分の中に野暮さがあると自覚したほうがよいでしょう。しかし、その点に気づいてから自分でも注意しているという人は問題はないでしょう。

指摘されたとしても、その指摘に反発をしたり理由がわからないという人は、これからも野暮な男だな・・・という評価が変わることはないでしょう。人は、自分を傷つける人のところへ進んで寄って行こうとはしませんので、これからも迷惑なお節介で他人を困らせ続けるという訳です。

こんなに人に親切にしているのに、ちっとも自分には人が寄って来ないという場合には、自分の行為は親切などではなく、単なる野暮なお節介という嫌がらせをしているのだと自覚しましょう。親切心があれば、デリカシーはなくてもいいとは限りません。

野暮だと指摘されたことが無いという人であっても、普段の人との会話の中で、しまった!言わなければよかった・・・と思うこともあるかと思います。そういった場合に、謝らなければという気持ちだけが先に立って、相手がもういいよと言っているにも関わらず何度も謝るというのも野暮の上塗りになる場合があります。

謝れば謝るほど、相手の心の傷を広げてしまうということもありますので、相手が謝罪を受け入れてくれた場合には、必要以上に話を蒸し返さないほうがよいでしょう。謝っているのに、それが謝罪にならずに却って迷惑をかけているという場合もあったりします。意図的にこういう意地悪をする人もいますが・・・

しかし、本当の野暮も、野暮を装った意地悪にしても、人を不快にさせるという点では同じですので、自分の内面は野暮じゃないかな?という自問自答をたまにはしてみるのもよいでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加