> 趣味・ライフスタイル > 話題の豊富さは人間関係をより豊かに変える!話し上手に学ぶ話題の仕入れ方

話題の豊富さは人間関係をより豊かに変える!話し上手に学ぶ話題の仕入れ方

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.06.11

話題が無くてこんな気まずい経験がありませんか?

人と話していても、どうもすぐに話題が尽きてしまい気まずいムードが漂ってしまうという事はありませんか?

そして相手の気まずいなと思っているムードもビシビシと伝わってきて、余計に何を話していいかわからなくなってしまい、いっその事もうその場から離れてしまう事ばかりを考えてしまったという経験がある人も少なくはないかと思います。

相手が自分と話したくない場合には黙っていてもいいのですが、そうでない場合には中々辛いものがあります。

情報はただ集めただけではダメ?

誰とでも話せて話しが尽きないという人もいますが、ではそのような人達は一体どのようにして話題を仕入れているのでしょうか?

現代は情報化社会ですので、インターネットを通じて様々な情報を得られる事ができますので、ネットから情報を仕入れているという人も多いでしょうし、本やテレビや人からや、またはその全部からという人もいるでしょう。

また、インターネットでいくら情報を仕入れたとしても自分の好きな専門分野だけが詳しくなって、それ以外の話題については相変わらず興味も無いので疎いという人もいるでしょう。

確かにただ広く浅く情報を集めたとしても、それがすぐに話題の豊富さになるとも限りませんし、場合によっては情報のぶつ切り感のほうが強く出てしまい返って薄っぺらいという印象を与える場合もあります。

謎解きのように違う情報を集めてみましょう

話題が豊富で話しが尽きないという人は、1つの情報を1つの形で終わらせないという傾向が強い場合があります。

例えば、1つの情報をジグソーパズルのピースのように考えて、まったく違う情報と組み合わせて総合的に1つの絵のようにするという方法を使う人もいます。

そうする事によって情報のぶつ切り感が無くなり、関連性も広がって話も広がっていくという具合になります。

そして、その絵をより確かにしたいと思う人は、どんどんピースを集めたくなりますので、人の言葉や意見に対してもよく聞く耳を持つようになる為に聞き上手にもなりやすい場合が多いのですし、自然と集まる人達も増えていきます。

まるで、ひとつなぎの財宝を求めるどっかの海賊のようかもしれませんね。(あの主人公はあまり人の話は聞きませんが)

仕入れる為に必要な事があります

そのような人が頷く場合には本当に聞いている場合が多いのですが、自称話し好きという女性に多いパターンで、同じような事ばかり話している人が頷いている場合には、聞いているようで次に自分が話す事ばかり考えながら頷いているという人も結構いたりします。

そうならない為にも情報と情報を繋ぎ合わせ、必ずしも出す必要はありませんがそこに自分なりの意見もきちんと持てれば、どんな媒体や人からであっても話題の仕入先になる事でしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加