> 趣味・ライフスタイル > 占いが気になる人に贈る、占い師の変わった利用方法!

占いが気になる人に贈る、占い師の変わった利用方法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.29

当たらない占い師にみてもらっている訳とは?

占い好きは女性が多いように見えますが、実は男性でも占いに凝っている人は結構います。私の友人でも占いをよく利用している男性がいます。しかし、この友人は少し人とは違った占い師によくみてもらっているそうなのです。

どんな占い師かというと、その占い師はまったく当たらないのだそうです。なぜ当たらないのにみてもらっているのか?と尋ねたところ、当たらないから逆の事をすれば必ず当たるからだそうです。なるほどと思い、そんなに当たらないの?と聞いたところまったく当たらないと豪語していました。

当たらない占い師と、当たる占い師は同じ?

確かに、占いは当たらなければ意味が無いという固定観念を持っている人は多いと思いますが、当たるも八卦当たらぬも八卦という言葉があるように、不安定要素は誰も未来は見られないのですからハズれても仕方が無いものでしょう。

しかしその占い師は、占いを元にしてアドバイスを言ってくれるのだそうですが、これがことごとく外れてしまう恐ろしさで友人は感心していたんですが、友人は以前はよく当たると評判の占い師によくみてもらっていたそうなんです。

しかし、肝心なところでやはりハズれるという事もあり百発百中の占い師を探したが勿論見つからず、ある日、まったく当たらないという悪評の占い師の話を飲み屋で聞いて、逆に考えれば凄いのでは?と思い占ってもらったとの事です。

必ずハズれる占い師を見つけたらラッキーかも

結果、予想をまったく裏切る事無くことごとくハズれ、友人はこの人だっ!と思ったのだそうです。友人曰く、占いは統計学的なところもあるのでハズれるのも仕方ないと言えば仕方ないし、かといって超能力的な占いも当てにならない人が多いとの事。

なので、その占い師は何万人に1人、いやもっと凄いだろうと言っていました。確かに100発100中でハズれるというのは、裏を返せば100発100中で当たるという事になる場合がありますので、必ずハズれるという占い師というのは凄い逸材なのかもしれません。

これからはハズれる占い師がもてはやされるかも

よく当たる占い師という評判は聞く事はありますが、当たるという事だけに目がいってしまいますと当たるも八卦当たらぬも八卦となるのかもしれません。よくネットなどでも、当たる占い師がもてはやされていますが、実はその評判の陰に見えていない逸材が隠れたりしていてもおかしくはありません。

友人曰く、まずはあまり大事では無い事を占ってもらい様子を見るのがよいそうです。本当に当たる占い師を見つけるよりも、当たらない占い師を探すほうが簡単そうですので、逆の発想で占い師を活用するというのも面白いかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加