> 趣味・ライフスタイル > 運命を切り開くにはどうすればいい?運命の扉を開ける方法とは?

運命を切り開くにはどうすればいい?運命の扉を開ける方法とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.08

2014y03m07d_143820553

いい運命の扉は重く、悪い運命の扉は軽い?

運命が劇的に変わらないかな~と願っている人もいるでしょうが、そうなかなか劇的に変わるものでもありません。特に、悪い方向へ運命が劇的に変わるというのは簡単ですが、いい方向に劇的に変わるというのは難しいものです。

お金持ちになりたいからといって、宝クジを買ったらすぐに大金が当たったという人は少ないでしょうが、酒に酔ってちょっとした出来心で犯罪を起こしてしまい、せっかく社会的な地位もあって定年間際だったにも関わらず、全てを失ったという人のニュース記事はけっこう見る機会が多いでしょう。

どうすればいい運命の扉は開くのか?

自分の運命を悪くするのは簡単ですが、いい運命を切り開くというのは逆に難しいものです。では、いったいどうすればいい運命を切り開くことができるのでしょうか?努力をしたり運があればと思う人も多いでしょうが、なかなかそれだけでも難しい場合もあったりします。

特に大きな運命の扉というものは、人より3倍ぐらい努力をしても運があったとしても開かないという場合もあります。他にいったい何が必要なんだ?と思う人もいるかもしれませんが、それにプラスして覚悟というものが必要な場合があるのです。

0から自分で会社を興して、運用資金を借りたり不渡りを出さないようにしたりなどといった経験をした人はわかりやすいと思いますが、最悪の場合は自分の生命保険の額でも足りないなぁとか、それでも後に引く訳にはいかないので前に出る覚悟を持つといったように、背水の陣のような感じでしょうか。

極端な覚悟の話ですが、引く道があればいいのですが、後ろに道が無いといった場合もあります。そこまではいかなくても一歩踏み込む覚悟が必要で、それが無いと開かないという運命の扉がある場合もあります。しかし、一度その扉が開いたら人生のボーナスタイムのようなものが始まります

そりゃそうでしょう、努力も人の何倍もして運も使って、1つしかない命を賭けるかそれに近いことをするような覚悟までするのですから。しかし、ボーナスタイムは永遠に続くとは限りませんので、油断をしてそれに溺れていると終了になったのも気づかないという場合もあるようです。

運命の扉が開いた時の注意点と、自分の運命の扉を見つける方法

ボーナスタイムを経て、そこからまたステップアップをする人がいれば、せっかく開けた扉を自分から閉めてしまうという人もいるように、本当の運命の扉というものは開けるのも難しいですが、その後もまた難しいようです。

歴史の本を読むとそのような人達の話もいっぱい載っていますので、そういった視点で読むと、また違った味わいと自分の運命の扉を開ける方法が見つかるかもしれません。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加