> 趣味・ライフスタイル > 運動の効果はメタボ予防だけじゃない!運動をして免疫力も高めよう

運動の効果はメタボ予防だけじゃない!運動をして免疫力も高めよう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.03.26

運動の必要性が最近では一段と声高に叫ばれています。運動をする意義として「メタボリックシンドロームの予防や改善」「プロポーションをよくするため」「ストレス解消の為」という理由を挙げる人が多いと思いますが、スポーツには免疫力を強化して風邪を予防する効果があることも最近の調査でわかってきました。

ここでは運動をすることによって免疫力が上がることの裏付けとなるデータを紹介していきます。

1000例を比較して証明された運動の免疫力アップ効果

2010年にアメリカの州立大学で行われた疫学調査によって運動と免疫力アップの因果関係が証明されました。

この調査は18歳から85歳までの幅広い世代を1000例ピックアップして行われた大掛かりな調査で、運動の回数や負荷、食生活やストレスのかかった状況などを細かく調査した結果、散歩やジョギングなどの有酸素運動を1週間で5回以上行った人は、運動をしない人に比べて風邪にかかった日数が40%ほど減少したことが分かりました。

さらに健康に関する意識が高い人は、低い人に比べて風邪にかかる率が46%低下することも併せて分かりました。このテストを行った博士によると、年齢や性別、結婚しているかどうかという状況も風邪の発生回数の減少と関連があるが、健康への意識が高く運動をしっかり行っている人が1番風邪になりにくいと結論づけています。

運動の効果としてメタボの予防やストレス解消だけでなく、免疫力も向上できるのであればやらない理由はありません。「風邪をひいたくらいでは会社を休めない」という人とであれば、風邪の予防を兼ねて簡単なウォーキングだけでも行ってみるのはどうでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加