> 趣味・ライフスタイル > 朝食ディナー健康法!無駄を省いて毎日の健康的な活動と食事を考える

朝食ディナー健康法!無駄を省いて毎日の健康的な活動と食事を考える

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.03.17

2014y03m17d_183204158

朝食ディナーという食事習慣があります。現代人には現代人の生活スタイルがあり、多忙であまり自炊ができなかったり、単身者も多い中で、より現代的に時間を効率的に使った健康的な食事法が、この朝食ディナーなのです。今回はそれについて解説していこうと思います。

朝食ディナーってなに!?

筆者が勝手に提唱する「朝食ディナー」という食事法があります。これは現代的な生活に最も見合った食事法だと思います。

そもそも「ディナー」って言葉は、本来は夕食のことを指すと思われがちですが、これは間違いです。一日の中で最も品数が多く、豪勢な食事のことをディナーと呼びます。そして、それが多くの国では夕食というだけの話なのです。しかし、これを夕食ではなく朝食にしようというのが、すなわち朝食ディナーなのです。

現代人は非常に多忙な生活を送っています。そうした生活や単身者数が増えたことによって、自炊をして自分で料理を作るという習慣が減ってきている気がします。その代わりにファーストフードやコンビニフードが増え、調理済みの食材を手軽に購入して食べるというような時代になりました。

しかし、これでは十分な栄養素が摂れません。単純に自分の好みの物ばかりを食べてしまうため、栄養の偏りが生じてしまいますし、調理済みや加熱済みの食品では失われている栄養素も多いのです。

毎日の食事に必須栄養素!

そもそも、私たちは電気で動くわけでも燃料で動くわけでもなく、食事から摂取する栄養素を動力源として身体を機能させて動いています。そのため、毎日の食事から栄養を摂取しなければいけないのですが、私たちの身体に必ず必要な栄養素のことを必須栄養素といいます。

この必須栄養素は、全部でなんと46種類も存在しますが、大きくわけて3つのカテゴリに分類されます。必須栄養素の3つは、ビタミン類、ミネラル類、アミノ酸類に分かれています。

ビタミンは言わずと知れた私たちの体調を整えたり、心身の働きを補助したりと大切な栄養素ですし、ミネラルは鉱物系の栄養素で骨格や粘膜の形成に欠かせません。アミノ酸は筋肉の回復や生成に欠かせないだけでなく、脳や細胞にとってとても欠かせない栄養素となっています。

これらが全てで46種類揃って必須栄養素は成り立っているわけなのですが、逆にいえばこれだけ多くの栄養素を毎日の食事でバランス良く摂らなければいけないのです。

そして、炭水化物は私たちの食事のメインとなっているのにも関わらず、必須栄養素には含まれていません。炭水化物は、最も効率的にエネルギーや熱に変換しやすい栄養素で、日持ちも保存も可能なことから人間の主食となっていますが、エネルギーはその気になれば体脂肪を燃やして変換することができるため、必須栄養素とはなっていません。必須栄養素に含まれる栄養素は全て、体内で作り出すことのできない栄養や、作り出すことが難しい栄養素となっています。

1日の食事のバランスも大事!

以上の点を踏まえて朝食ディナーについて説明していくのですが、人間の食事は1日3食が基本となっています。そして、より現代的な生活を考えた時に、この朝昼晩の食事の摂取バランスもとても大切になります。

まず、昼食ですがあまり期待できません。仕事のあいまに食べるということがほとんどですし、同僚や上司とお昼を一緒にすることも多いでしょう。そう考えると、あまりバランスのいい食事は期待できません。

つづいて、夕食は基本的にディナーとして一番多くの品数を摂るのが基本となっていますが、考えてみると、夕食を豪勢にしたところであとは寝るだけです。これから動くわけでも活発に活動するわけでもありませんから、言ってみればそこまで多くの食事をとらなくてもいいのではないかというのが筆者の考えです。

むしろ朝一番は、これからあとの活動に大切な栄養をしっかりと摂っておかなければいけませんから大切ですし、昼食をあまり多く食べ過ぎてしまうと、一日の中間ということもあり、消化にエネルギーを使いすぎて眠くなってきてしまいます。朝一番にディナーを摂るのが一番なのです。

朝食は1日の活動源となる重要な食事!

朝食はとても重要な食事ですが、残念ながらこれを時間がないからといって抜く人が非常に増えています。そして、こうした朝食を抜く習慣が身についてしまっている人というのは、たいてい学生時代からそうした生活を続けてきてしまっています。

朝食をとらないと、午前中の頭の回転や身体の活発さがぜんぜん違ってきてしまいますし、鬱病や精神的な疾患を抱える人の多くも朝食を抜いている人だそうです。つまり、朝食をちゃんととらなければその日一日の活動だけでなく、生活全体に大きな影響を与えてしまいます

また、朝の時間というのはとても大切な時間です。朝食を抜く人の多くは時間がないから抜きます。そして時間がない理由は余裕を持って起きないからで、ギリギリまで寝ているのは、起きるのが面倒だからです。こうした負のサイクルが生活全体をダメにしてしまいます。

朝食ディナーを摂るということは、当然朝の時間にしっかりとした食事を作らなければいけないということで、必然的にいつもより少し早起きが必要になります。そして、この少しの早起きによって朝という大切な時間をゆとりを持って有意義に過ごせることこそが、その後丸一日の生活に大きな影響を及ぼすのです。

サプリメントを現代的に使っていく!

最後になりましたが、いくら必須栄養素やバランスのとれた食事が必要だと言っても、一人暮らしで料理が苦手であったり、時間がなかったりと、ついついちゃんとした食事をとれないことも多いでしょう。

多忙な現代人の生活習慣であれば、それが尚更ですが、サプリメントというとても現代的な解決方法があります。サプリメントは、必要な栄養素などを抽出してカプセルや錠剤に詰めたもので、時間をかけずに水だけで手軽に栄養素を摂取できてしまいます

もちろん、一番ベストなのは生の栄養素をその場の料理で摂ることですが、それがついついできない多忙な食生活で、栄養の偏りを放っておかずに、サプリメントを摂るようにするといいでしょう。朝食ディナー法は、多忙な現代人にとっておすすめの食事法ですから、実践してみて損はないと思います。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加