> 趣味・ライフスタイル > 人間性は顔に出る!あたたかみのある顔でツキを呼びこもう!

人間性は顔に出る!あたたかみのある顔でツキを呼びこもう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.31

人間性は顔に出ます。逆に顔が人間性に及ぼす影響もあります。温かい顔をしていると、他人の邪魔をしたりする事もなく、寛容になる事が出来ます。

人間性が顔に出るというような事を考えたことがありますか?実は顔からはその人がどういう人なのかという様々な情報を得ることが出来るのです。

もっともシンプルで分かりやすい方法は、怒っている人は怒った顔をしていますよね?笑っている人は笑っている顔をしています。泣いている人は泣き顔をしています。

大まかに言いますと、こんな風に顔を見ただけでもその人の感情が分かる訳です。

良い思考の習慣を付けよう

例えば、自分が悪いことをしていると思った時、それをそのまま人に言えるでしょうか?もちろん言えることと言えないことがあるのでしょうが、明らかに悪いことだと自分が思う事を堂々と言う事は出来ないでしょう。

もしも、自分は平気で言えるという人がいらっしゃったら、それはその事を本気で悪いことだと認識していないからです。「それくらいは誰でもやっている」とか、「誰にでもあり得る事だ」という軽い気持ちが働いているからです。絶対にそんな事は誰にもあり得ない、あってはいけないという風に思う様な事は誰にも言えないはずですよね?しかし、得てして思考は、時々そんな誰にも言えないような悪いことを考えてしまいます。

もしも自分の考えが全て筒抜けだったらどうでしょう。そんな風に考えた悪いことが相手に知られてしまうのです。悪いことに限らず、もっと些細な事でも相手には伝えたくない事もありますよね。嘘や誤魔化しをした内容を相手に知られたくないとか、相手のことが嫌いである事を知られたくないとか、女性に対して下心のある思考をした時も知られたくないとか。そんな風に知られたくない、知られてはいけないと思える思考はいくつもあるはずです。

これらの事が筒抜けになる可能性があるのが表情なのです。内面が表情にあらわれて、考えている事を読まれる事はありえますから、普段から悪い思考は控え、良い思考をするという習慣をつけましょう。

脳科学として考えても、悪い思考と悪い言葉は自分に悪い習慣をつけてしまいます。意識的に気をつけなければなりません。

笑顔でいると笑顔になれる事が増える

内面から表情をコントロールする事も大切ですが、逆のパターンもありえます。表情から内面をコントロールするのです。それには笑顔がお勧めです。笑顔は人を幸せにする特効薬なのです。そして、笑顔は相手にも伝染ります。相手も笑顔を見て安心したり、幸せな気持ちになったりします。

相手に笑顔を投げかけたり、笑顔には笑顔で返す様にしましょう。

温かい顔でいると寛容になれる

自然で素敵な笑顔をする人の中には、温かい顔をする人もいらっしゃいます。優しく、慈悲に満ち溢れた顔の方です。

周りにそういう方はいらっしゃいませんか?

そういう温かい顔をする人は、内面も温かい人が多いです。温かい顔をして冷たい人になるというのは逆に困難です。心ではとても楽しいのに、悲しい顔で涙を流す事が難しいという理屈と同じです。温かい慈悲の有る顔をしていると、温かい人間になることが出来ます。

この温もりのある顔というのも、良い思考をするという事や、笑顔と同じように習慣づけをして、それが自然に出来る様になると、きっと身の回りで嬉しい事やありがたいと思える事が増えていくはずです。

その結果、また笑顔になれたり、ますます温かい顔になれる事でしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加