> 趣味・ライフスタイル > ジムに行く前にこれを読め!トレーニングマシンの使い方の心得とは

ジムに行く前にこれを読め!トレーニングマシンの使い方の心得とは

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.09.04

これからスポーツジムに頑張って通い、理想的に鍛えられた肉体を手に入れたい。そんなふうに考えている男性の皆さん、スポーツジムに通うに当たって、どうしても不安なことも多いのではないでしょうか。

人間というのは、これまで全くやったことのないことにチャレンジする時、どうしても不安になったり緊張したりしてしまいます。体を鍛えることは大抵の方が経験があるかと思いますが、スポーツジムに通って本格的なトレーニングをする、というのはそうそう経験のないことですよね。

だからこそ、スポーツジムに入会しようかどうか迷っている方、入会手続きはしたのだけれど中々ジムにまで足を運べない方が多いのです。

とはいえ、いつまでも二の足を踏んでいては体が鍛えられることはありません。こういうものはある程度の慣れや思い切りも必要というものですが、スポーツジムの注意点や触ったこともないような本格的なトレーニングマシンの使い方を予習することが出来れば、その分安心出来ますよね。

という訳で、スポーツジム初心者で不安がたくさんある、という男性の皆さんに、ジムにあるトレーニングマシンの使い方や注意点をご紹介させていただきたいと思います。

予習復習はいくつになっても役立つものです。スポーツジムに行った当日に慌てふためかなくても良いように、少しでも予習をして不安を解消しておきましょう。

いきなりマシンに触るのは危険

スポーツジムに置いてあるような本格的なマシンというのは、普通に生活していればそう縁のないものですので、どうしてもちょっと触ってみたい、扱ってみたい、と思ってしまいますよね。

ただ、これらのトレーニングマシンというのは、あくまで正しい手順と使い方を守ることを基本とされています。何も分からないのに適当に弄った結果、マシンを壊してしまったり、重量に押しつぶされて怪我をしてしまっては恥ずかしいどころの騒ぎではありません。

いかにも体を鍛えるぞ!というフォルムや、メカメカしい外見に惑わされず、使ったことのないマシンにいきなり触るのは避けていきましょう。

しかし、そんなことを言われてしまったら、全てのマシンを使ったことのない人はどうすれば良いんだ、なんて思ってしまいますよね。そういう時は、素直にトレーナーの方にお話を聞いてみましょう。

初めて使うマシンの使い方は教えて貰う

大抵のスポーツジムでは、入会をした直後に何となくマシンの使い方などを教えて貰うようになっています。ただ、説明を受けてから日が経っていたり、詳しく説明して貰えていなかったりと、実際にマシンの目の前に立つと何をどうすれば良いのか分からない、なんてこともありますよね。

そういう時は、見栄を張ったり無理をしたり突撃したりせず、職員の方を探しましょう。スポーツジムには、必ず一人以上会員のサポートをしたり筋トレのアドバイスをしたり、相談に乗ったりするためにトレーナーが常駐しています。

忙しそうにしていて話しかける暇もないということであれば、受付に行ってマシンの使い方を教えて欲しいということを伝えてみましょう。無視されることはありません。

誰だって、初めて使うマシンには戸惑うものです。無理をしても筋肉がつく訳ではありません。むしろ、中途半端に筋トレを始めるとせっかくのマシンの効果がきちんと発揮されずに体を痛めてしまったり、思うように筋肉がつかなかったりします。

ですので、素直に使い方のレクチャーを受けるというのは恥ずかしいことでも何でもないのです。もの凄く不安な方は、パーソナルトレーナーなどをお願いすると良いでしょう。

現在の体重や筋肉量、目指している目標などから、最適なトレーニングメニューやマシンの使い方、トレーニング中に気をつけること、コツなど色々なことを教えて貰うことが出来ます。

周囲の人を観察する

マシンの使い方としてもう一つ大切なのが、実際にマシンを使ってみる前に、そのマシンでトレーニングしている人を観察してみる、ということです。トレーナーに説明を受けても、一度で完璧にマシンを使いこなせるようになる訳ではありません。

そういう時は、実際にマシンの扱いに慣れている人の動きを見てみれば良いのです。大体どのくらいの重りを使っているのか、どのくらい全力でやっているのか、セット数や回数は、マシンを使う時や使った後はどうしているかなど、色んな情報を手に入れることが出来ます。

鍛え上げている肉体をお持ちの方に話しかけてみるというのも一つの手です。筋トレのコツや食事のアドバイスなどをして貰えることもあります。

ただし、スポーツジムはあくまで個人個人が体を鍛える場所です。ナンパまがいに女性会員にばかり話しかけたり、トレーニング中の人に話しかけるのは控えましょう。

特に、マシンを使用中の人は集中しています。話しかけることで気が緩み、怪我をしてしまうこともあり得ます。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加