> 趣味・ライフスタイル > 体調不良を感じるけれど、病院に行く勇気が無い時

体調不良を感じるけれど、病院に行く勇気が無い時

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.09

男性は基本的に病院嫌いが多いです

例えば恋人から言われても、家族から言われても、なかなか病院に行かないというのは女性よりも男性の方が断然多いと言われています。これくらい大丈夫だろうという考えもあるかもしれませんが、本当は男性の方が小心者ということもあるのかもしれません。

病院に行くことにより、何か病気が見つかったらどうしようと考えて、病院に行けないということもあるでしょう。実際に行ってみないことには分からないのですが、色々と悪い方に考えてしまうということもあるかもしれません。

心配し過ぎることは良くないことです

段々と体のことが心配になり過ぎてそれがストレスになったり、更に体調が悪くなるということもあるのです。そのため自分なりに勇気を出して近くの病院に行ってみるということが必要な時もあります。

疲労や過労が原因でも放置しておくというのは良くありません。栄養補給のための点滴を打ってもらうことにより、とても元気になることが出来る場合もあるのです。そして栄養ドリンクでごまかしているというようなこともあるかもしれませんが、もっと効果のあるような薬を処方してくれる場合もあります。

薬においての苦手意識があるかもしれませんが、漢方薬を使用するような病院やクリニックもありますので、まずはお試しで始めてみても良いでしょう。健康食品と思って今現在飲んでいるものがあるから大丈夫と思っているかもしれませんが、飲み合わせが悪いというようなこともあるのです。

そして自分の今の症状や自分自身に本当にそれが合っているのかは、専門家に相談しないことには分からないのです。

病院に行けば落ち着くこともあります

病院に行くことにより、診察を受けて特に大きな病気は無いと分かることがほとんどです。そう考えると、今まで悩んでいたのはなんだったんだろうと思うかもしれません。悩むくらいなら、もっと早く来れば良かったということもあるのです。

一人で病院に行くのが不安だというような人も中にはいます。そういう場合に友人や知人と一緒に行って、どこか近くのお店で待っていてもらうというような方法でもいいかもしれません。

気持ち的に軽くなるという場合があります。信頼出来る人と一緒に病院に行ってみて、不安感を少しでも減らすというのも一つの方法です。子供ではないんだから・・・と思うかもしれませんが、病気においての不安は大人も子供も一緒です。

大人の方がむしろ不安は大きいかもしれません。その不安に対して無視をし続けるよりも、自分にとって安心出来る方向に進むようにした方が結果的には良いのではないでしょうか。

かかりつけの医師はいますか

子供のころからお世話になっている医師や、実家から出て就職をして、その時に風邪をひいて行った近くの病院など、一度でも行ったことがあって、安心出来るような医師に出会っておくというのはとても大切なことです。

そう思えば今回、そのような医師に出会うチャンスかもしれないのです。この病院に行ってみようと飛び込みで行くよりは、出来れば知人から評判などを聞けることがベストです。それが出来ない場合は、まずは電話をして診察時間などの確認をしてみましょう。そして対応により、ここは良い病院だと感じることもあるでしょう。

大きな病院の場合でしたら受付専門の人がいますが、クリニックのようなところでしたら、また違ってくるかもしれません。まずは電話をして症状を伝えてみることから始めてみましょう。それだけでもとても大きなステップを踏んでいることになるのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加