> 趣味・ライフスタイル > 体臭が気になる男性へ!女性に嫌われないために毎日行うボディケア

体臭が気になる男性へ!女性に嫌われないために毎日行うボディケア

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.02.09

“臭い”というのは人間の脳にとても大きな印象を与えます。それは嗅覚をつかさどる脳神経の位置と、記憶をつかさどる脳神経の位置が近くにあるためです。 そのため人間の記憶に一番残るのは実は臭いだと言われています。

女性に向けたアンケートの中でも男性の気になるところとして、臭いは上位にくる事がとても多い女性が気にしている部分です。一度臭いで悪い印象を与えてしまうと女性は悪い印象をずっと持ち続けてしまいかねません。

女性はもちろんですが、仕事での取引先にも悪い印象を与えてしまっては死活問題です。そうならないためにも一度外に足を踏み出す時には臭いに気をつけたいものです。そこで今回は相手に良い印象を与えるための臭いのケアについてお話をしていきます。

毎日のお風呂では丁寧なボディケアを

臭い対策として一番に思いつくのはお風呂でのケアだと思います。夏場は大量に汗をかくので気をつけている方は多いと思いますが、寒い時期でも汗は常にかいています。水分として出ていなくても汗の成分は体に付着していると認識しておきましょう。

流さずに溜まった汗の成分は強い臭いを発する原因ですので、今日はあまり汗をかいていないから、仕事が遅くなって面倒、そんな時でも臭い対策を考えるのであれば必ず体は洗いましょう

わきは汗をかきやすい場所で目にも付くので気をつけて洗われると思いますが、その他にも首、肘や手首、膝の裏、足首から下は指の間まで丁寧に洗います。あまり強くゴシゴシこすると皮膚の老化に繋がりますので、女性のように時間をかけて優しく丁寧に行ってあげましょう

首、手首、膝の裏は臭いを発しやすい場所と言われ、香水等をつける時にも臭いがたつようにつけるポイントですので特に念入りに。朝起きた時にも寝ている間に汗をかいていますので出かける前に首や手首、わきなどを濡れたタオルで良いので軽く拭いて清潔にしてあげると良いでしょう。

シャンプーは髪にしない?

男性は女性よりもお風呂にかける時間も短く、洗髪にかける時間も短い傾向にあります。シャンプーを大量にとって、がーっとたくさん泡立てばすぐに洗い流してしまう方が多いと思います。

しかし、髪の質や臭いは髪自体から出ているのではなく、“頭皮”から出ています。髪があるので意識が薄いですが、頭も立派な皮膚です。髪に覆われている分、他の部位よりも汚れが溜まりやすく臭いも発しやすいというわけです。

シャンプーは髪にするのではなく、むしろ頭皮を洗ってあげるという意識です。お金をかけない方法としては指を少したてるようにして頭をマッサージするように優しく揉みあげるようにします。

また100均などに行けばバスグッズのコーナーにプラスチックやゴム製の剣山のようなグッズがあります。それを使うとより毛穴を刺激して効果的に頭皮のケアが出来ます。シャンプーのおまけになっている事もあるので簡単に手に入ります。

また、耳の後ろは男性が気になる加齢臭が発生しやすい場所と言われています。シャンプーの際に一緒に耳の周りも洗ってあげると加齢臭対策にもなります。

口臭は歯磨きよりも舌磨き

仕事をしていると会話は避けて通れないシチュエーションです。口に出して言われなくても女性は心の中であなたの口の臭いに嫌悪感を抱いているかもしれません。初対面の女性には特に気をつけたいところです。

口臭のケアで一番に思いつくのは歯磨きです。もちろん食事の後の歯磨きはとても大切です。口の中に残った食事のカスが唾液と混ざって嫌な臭いを発しますので常に口の中を清潔に保つ事が大切ですね。

しかし、それ以上に気をつけたいのが実は、“舌”です。鏡でご自分の舌を見てみてください。舌の中心が舌の本来の色のピンクがかった色ではなく、白っぽく濁ったような色になっていませんか?

これは“舌苔”(ぜったい)と言い食べかすなどによって出来た舌の汚れの積み重ねのようなものです。これが臭いの原因になっています。喫煙をする方は黄色っぽくなっている事もありタバコも口臭の大きな原因です。

そこで気になるのが舌苔のケアの方法ですが、実に簡単です。タオル等の柔らかい布でベロを優しく拭いてあげればオッケーです!歯ブラシでこすると舌を傷つけてしまうので布で行う方が良いです。1週間に1回は鏡で舌苔をチェックして口臭対策をしましょう。

初めにも書きましたが、臭いは人間の記憶に残ります。初めての女性に会う時や、合コンの時等に好印象を与えたい場合は香水を使うと効果的です。ただ振り撒くのではなく、本文でも書いたように首の後ろや手首、膝裏などに軽く振りかけるだけで十分です。

女性に好印象を与えるために、見た目の服のオシャレだけではなく、服の中の体のオシャレも日頃から気をつけていきましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加