> 趣味・ライフスタイル > 人生においてお金を出してでもやるべき5つの体験

人生においてお金を出してでもやるべき5つの体験

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.05.19

月給制のサラリーマンなら、毎月の収入はある程度固定されていると思います。それをどう使おうが自由ですが、使い方一つで生活の水準や質、充実度などは大きく変わってきます。支出の大半が食費に消える人もいるでしょうし、趣味に3分の1は使ってしまうという人もいるでしょう。

生活を切り詰めて、将来のために貯蓄しているという節約家の人は貯金が多いかもしれません。お金に関しては、本人次第なので「何にどれだけの比率」を使うのかは個人の価値観によって変わるかもしれませんが、「本当にそれは使うべき?」や「これにお金は使うべき」という事はたくさんあります。

それは、「体験」です。「体験」から得ることはたくさんあります。体験はお金を出してでもするべきことです。そこで、「お金を出してでもやるべき5つの事」を紹介します。

1.海外留学(旅行)

海外留学か海外旅行へ一度は行くべきです。それも、なるべく文化が似ているアジア圏よりも英語圏などの文化や風習が大きく違う所のほうがいいでしょう。海外へ行くと、様々な事が吸収できますし、海外へ一度でも行くと日本の良い所を再発見することが出来るはずです。

また、長期間の留学で英語を完璧にマスターするのもいいでしょうし、旅行でも「どれだけ自分の英語が通用するか」を試してみるのもいいでしょう。全く英語が話せないのならパックツアーなどを利用して行くのがオススメです。異文化に触れ、刺激を受ける為にはお金を使ってもいいでしょう。

2.読書

あなたは年間何冊の本を読んでいるでしょうか?「10冊以下」というのなら、ちょっと少なすぎるかもしれません。本からは、ネットでは仕入れることが出来ないくらい密度のある情報を手に入れることが出来ます。

反面、新鮮な情報は得にくいかもしれませんが、著者が長年かけて蓄積した知識やテクニックを数千円で得ることが出来るのなら、安い買い物だとは思いませんか?読書は自分の知識を増やしたりするにはピッタリの方法です。

3.勉強する(セミナーに参加する)

「社会人になってからが勉強」と言われるように、ビジネスマンは常に自分の為に勉強をするべきです。もし、あなたの会社は「資格手当」のように一定の資格で給料や賞与が出るのなら、進んで取るべきです。

「1人で勉強する」というのが苦手なら勉強会などに参加するのもいいでしょう。最近ではFacebookのコミュニティで共通の資格取得を目指すという人もたくさんいます。

4.年に何度か高級な店で食事をする

毎月とはいいません。半年に1度や年に1回は高級な店で食事をとりましょう。いつも、レトルト食品などを食べていると舌が貧困になってしまったり、生活の質が大いに低下してしまいます。たまには高級な店で食事をし、一流の味を体験しましょう。

日々、仕事をするときに一流の味を思い出し、「それをもう一度食べるんだ!」という目標をモチベーションにすると、いつもはつまらなかった仕事が急に楽しくなるかもしれません。高級な店での食事を「年に1回」から「半年に1回」、「毎月」になるように頑張ってみるのはいかがでしょうか。

5.最新機器を購入する

買い物をするのなら、最新の機器を購入しましょう。アンティークな物にはそれ相応の価値はあるでしょうが、道具はそっとしまっておいたりするものではなく、フル活用してこそ真価を発揮します。また、最新機器には既存では満足できなかった機能が付いていたり、今までの作業が半分になったりと生活が非常に便利になります。

パソコンならOSのメジャーアップデートしたら買い換えてみましょう。スマートフォンなどの携帯は契約上2年間の縛りなどがあり、難しいかもしれませんがなるべく最新の機種を使いたい物ですね。

プリンターなどの周辺機器も調子が悪くなったら、修理に出すよりも新しいモノを購入した方が安くつく場合があります。最新機器で生活を便利に時間を短縮できるのであれば、大いに導入しましょう。ただ、「本当に自分に必要な物か」という見極めは必要です。

「体験」を買おう

あなたは、自分で稼いだお金を何に使っているでしょうか?もし、無計画に散財してしまっているとしたら、非常にもったいないことをしています。

お金を使うのであれば、無駄な買い物や不必要な出費などに使うのでは無く「体験」を買うようにすれば、あなたの生活は大きく変わるはずです。無計画な買い物や無駄遣いはやめて、「体験」を買って生活を変えてみてはいかがでしょうか。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加