> 趣味・ライフスタイル > 人は鏡ってどんな意味?相手への気持ちや行動が自分へと返って来る理由

人は鏡ってどんな意味?相手への気持ちや行動が自分へと返って来る理由

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.12.24

人は鏡と言われる事がありますが、相手に対する気持ちや行動は、そのまま返ってくるのです。相手に思いやりや良い行動をすると、それもそのまま返ってきます。

相手に対する気持ちや行動は返ってくる

相手に対して嫌な気持ちを持っていると、相手も自分に対して嫌な気持ちを持つようになる確率が上がります。

相手に対して嫌な行動を取ると、相手も自分に嫌な行動を取ってくるようになります。

相手は自分の鏡だと思って接しなければなりません。自分の思いや行動がそのまま返ってくると思っておくべきなのです。

これにはいくつか理由があります。「自分の感情は相手に伝わりやすい」という心理学的な特性があります。自分が相手に対して良い感情を持っていると、相手にもそれが伝染るのです。

その他の理由としては、自分が相手に対して思った感情は振る舞いに出てしまいます。単純に、好きな人の話は興味を持って聞くでしょうが、嫌いな人の話は聞いているようで耳に入っていない場合もあります。

好きな人に頼まれたことはなるべく善処しようとしても、嫌いな人に頼まれたことは極力断ろうとします。

好きな人の意見には賛成しやすいけれども、嫌いな人の意見には反対しやすいなど。

このように、相手に対してどのような印象を持っているのかによって、それが自然と態度に出てしまうので、相手にもその感情は伝わってしまうのです。

ですので、逆に相手に良い感情を持っていると、相手もそれに応えてくれます。

先ずは相手に対して良い感情を持とうと意識してみてください。

人に思いやりを持って行動する

人に対して思いやりを持てると、それが行動にあらわれた時に、人からとても好かれることになるでしょう。

その時のポイントは、「自分を大切にするように相手を大切に思う」ということです。

自分のことのように相手に思いやりを持てるという人は、なかなかいらっしゃいません。どうしても自分中心の考えになりがちです。

しかし、相手も自分と同じように感情を持った人間であると考えると、自分と同じように大切にするべきなのです。

そこまで相手を思うからこそ人に慕われるのです。

最近は自分の事も大切に出来ない人がいらっしゃいますが、自分を大切に出来なければ相手も大切に出来るはずがありません

ちゃんと自分を大切に考えましょう。それは、健康に気を使うとか、夢を持って人生を豊かにするとかいうことです。それには沢山の経験が必要になってきます。

自分自身が様々な経験をするからこそ、相手がその境遇に立った時の気持ちが分かるのです。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加