> 趣味・ライフスタイル > 趣味でかっこいいホームページを持っているこだわりある男になろう!

趣味でかっこいいホームページを持っているこだわりある男になろう!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.11.08

ホームページの作り方は色々なサイトで分かりやすく説明してくれているところもあり、初心者でも時間をかければだんだんと分かってくると思います。

また、無料ブログならメールアドレスとパスワード、名前や住所などを入力するだけですぐに始めることが出来るのもあり、カスタマイズするだけで豪華なブログ、斬新なブログ、愛らしいブログなどにすることも出来ます。

ホームページを持っていても使わないという人でも、あるだけでかっこいいもの、日記を書く程度や趣味の写真や動画を載せたりするこだわりは素敵に見えるかもしれません。

かっこいいホームページとは?

ホームページはただ作っただけの人と、しっかり作り込まれている人のを見ればすぐに分かります。初心者でサーバーにアップロード出来た人のを見たら文字が書いてあるだけだったり、あまりおしゃれとはいえないデザインが適当に散りばめられていたり。

作り込まれている人のホームページは、ヘッダーのデザインだけでもちょっとしたズレもないぐらいしっかり出来ていて、サイドバーも1つ1つデザインもしっかり作り込まれているようです。

また、変わったものでは全くオリジナルのホームページで、最初にフラッシュ動画のようなものでプロモーションがあり、それをクリックしてスキップするものもあります。

かっこいいホームページは自分の色を出したもの、普段の自分とはギャップを感じるものがかっこいいのではないでしょうか。普段はほんわか穏やかな人でも、ホームページはきりっとしっかりした斬新なデザインでデキる男やこだわりを感じさせるものだと、ギャップが素敵な印象になるかもしれません。

また、普段の自分らしさがふんだんに盛り込まれたホームページもその人らしさや誠実さ、こだわりがにじみ出て、それも素敵に見えるかもしれません。ホームページはデザインや文章、動画などで目を引くことが出来るので、たとえ趣味の日記であってもこだわりあるホームページなら素敵に見えると思います。

メディアの影響力とは?

ブログやホームページはいわば世界中に自分の情報を発信するようなものなので、見られる範囲を制限しなければ自分のホームページに辿り着く人は世界中といえます。それは恥ずかしいかもしれませんし、嬉しい人もいるでしょう、普通の人でもテレビに出たら憧れの人に見えるのは、それだけメディアには影響力があるからです。

なので、普段何気なく自分の趣味の話を動画で流していると、映像というメディアはそれだけ見る人の心に影響を与えるので、ちょっと特別な人として見られることもあるでしょう。

歌を歌う人が好きで、その動画を好きで見ている人ならその人のファンになるかもしれません。また、文章力がある人、文章力がなくても人の心にグッとくる言葉、つい見てしまう文章などを書ける人もファンが増えるかもしれません。

自分のやりたいことを人と分かち合うだけで退屈や虚無感が薄れていき、もっと分かち合いたい、もっと発信したいという気持ちが湧いてくるかもしれません。

そして、それが見る人に価値を与えるようになると、それにお金を払っても見たい、聞きたい、欲しいという人が増えてくるでしょう。どこまでやるのかは自由なので、趣味程度にかっこいいホームページを持って発信するのが好きならそれでも全然良いと思います。

理想のホームページを見つけよう!

そうしてホームページの魅力がだんだんと分かってきたら、次はこういうホームページやブログを持ちたいというサンプルを見つけるといいでしょう。ブログの構成もホームページと似ているので、どちらをやるかは自分の好みですが、日記を書いたり日々の更新を伝えたい時はブログは便利だと思います。

本格的なシステムを導入しなくても毎日何となく書いた文章がインターネット上に公開されるのは、個人で1からやろうとするとシステム料がかかったりするので、ブログは魅力的かもしれません。

自分の写真を大きくヘッダー画像に載せている人や、大きな文章をデザインと共に載せている人、ヘッダー画像はシンプルで小さくても中のコンテンツが充実しているサイトなど色々あります。

たとえば写真や音楽などをメインに載せていきたいなら、ヘッダー画像を小さくしてコンテンツをメインに伝えるか、その中でも個人を主張したいならヘッダー画像に自分を載せたり自分を象徴するものを載せるのもいいと思います。

ビジネスとしてやっている人もいますし、趣味としてやっている人もいて、ただ自分の話したいことを話しているだけなのに沢山の人が見に来ているサイトもあります。ホームページが自分の楽しみになったら、それは新しい自分を見つけるきっかけになるかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加