> 趣味・ライフスタイル > 日々のストレスに対する耐久性を簡単に上げるためのコツ!

日々のストレスに対する耐久性を簡単に上げるためのコツ!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.08.21

ストレスに打ち勝つ為には耐久性を上げる事が重要

ストレスが無ければどんなに幸せだろうと思う人は多いでしょう。しかし、ストレス社会と言われるように、多くの人達は何らかのストレスと向き合って生活をしているのが現状です。多少のストレスが人間の成長には必要な場合もありますが、限度を越えると命さえ奪われかねません。

そのような事態を防ぐ為にも、ストレスに対する耐久性を上げるのは日本人のテーマの1つかもしれません。ストレスの耐久性に関しては、人によって違いがあります。ストレスはいわゆる負荷といえますが、負荷にも様々なものがあり、スポーツや武道によって鍛えられるものもあれば、お金に関するストレスのようにそれだけでは鍛えられないものも多々あります。

ストレスには様々な種類がありますので、どのストレスが自分には耐久性が低いのかという事を把握しておくのも大事です。いきなり大きなストレスが来てもパニックを起こしやすいので、スポーツに準備運動があるように徐々に普段からそのストレスに対して慣らしておくという事も重要です。

どのストレスに弱いかという事と今の限界を知っておこう

そのストレスに対しての今の自分の限界を知っておくという事はとても大切で、限界を知っていればストレスに押し潰される寸前に避けるという方法もとれるからです。避けてから、またそのストレスに対する耐久性を上げればよいのですが、押し潰されてしまったら上げる事も下げる事もできなくなってしまいます。

ストレスに対する耐久性を上げるという事は、筋肉トレーニングにも似たところがあるのかもしれません。しかし、過度のトレーニングが良くないように、自分に合った方法や量のバランスを見つける事が重要です。

その為には、まずは自分の弱い部分を把握するという事が必要です。そして、その部分から目を背けずに余裕がある時にこそ、徐々に鍛えるようにしたほうがよいでしょう。

ストレスに弱いのは甘えなのか?

どの時代でもストレスが皆無だったという時代は無かったでしょうし、戦時中の頃を考えたら今の人達は甘えている、ストレスに押し潰されるような人は弱い人なので仕方がないと思う人もいるでしょうが、誰にでも弱い部分というところは存在します。

自然淘汰だと見捨てるよりも、その弱い部分を強化して生き残る方法を考えたほうが建設的だと思います。電気も無く、生活に余裕も無かった時代ならば仕方がなかったのかもしれませんが、今の時代はいかに見捨てずに強化するかという方法を見出す事のほうが必要なのかもしれません。

ストレスの耐久性はこれから流行る分野かもしれません

ちなみに、ストレスの解消方法というのは本やネットでもよくあるのですが、ストレスに対する耐久性を上げるという情報はまだ殆どありません。これは、ストレスの種類が多岐に分かれているという事や、それぞれのストレスの耐久性を上げるには人それぞれに限界が違うという点が難しいからかもしれません。

しかし、ストレスの耐久性を上げる事を目的とした塾や施設ができれば、そこは会社の研修やスポーツジム感覚で受け入れられるかもしれませんね。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加