> 趣味・ライフスタイル > あなたは電車で席を譲れますか?ちょっと素敵な大人になりましょう

あなたは電車で席を譲れますか?ちょっと素敵な大人になりましょう

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.10.23

自分が電車の席に座っている時に、目の前にご年配の方や、妊婦さんが立ったとしましょう。そんな時、自然と席を譲る事が出来ますでしょうか?何となく恥ずかしかったりしますよね。しかし、それが自然に出来る人は素敵な大人です。日常の振る舞いで人間力を上げましょう。

社会人になって仕事をし、自分の周りの人のおかげで今の自分が成り立っているんだと感じる様になると、周りの人たちへの感謝の気持ちが芽生えてきます。

そんな中で、自分ひとりでは生きてはいけないんだと思う様になると、つながりを大切に考える様になり、更には自分の人間性を上げいく必要性を感じる方が多いのではないでしょうか?

しかし、人間性を上げると一口に言ってもとても難しいですよね。ですが、行動に焦点を当てると分かりやすくなるんです。あの人は良い人なんだろうか、それとも悪い人なんだろうかというのはどこで判断出来ますか?

雰囲気や顔つきは人それぞれ解釈や感じ方が違うでしょうし、言葉では嘘や誤魔化しが成り立ちます。しかし、行動だけは誤魔化しが利きません。「良い行動」という事をクローズアップして人間力を磨く方法を提案します。

良い行動をするためには良い思考が必要?

良い行動を引き起こすためには、実は前提が必要です。先ずは良い思考をするという事です。分かりやすく言いますと、悪い事を考えちゃダメ、良い事を考える様に意識しましょうという事です。

人は悪い事を考えながら良い行動を取る事が難しいのです。心の中では怒っているのに本当に楽しそうな笑顔を出すのって難しいですよね。逆に、心の中ではとても楽しい気分でワクワクしているのに、悲しいふりをして涙を流す事も難しいです。

思考と行動を背反させる事は、人にとってはとても困難な事なんです。ですので、先ずは良い思考をするというのを意識的にして下さい。意識的にするというのがポイントです。

良い行動が出来る様になったら習慣化が大事

電車の例で、人に席を譲って喜んでもらえたとします。良い事をした後はとても気分が良いですよね。その気分を何度も味わえる様に良い行動を繰り返しましょう。

人は習慣化するまでに三週間ほどの時間が必要です。どうして三週間の時間が必要なのかと言うと、回数に対してのインパクトが必要だからです。ですので、良い行動にも回数が必要なので、毎日一つ以上という事でも構いませんから良い行動をして下さい。三週間たった頃には、その良い行動が当たり前の状態になっているはずです。

習慣化して当たり前の状態になると価値観が変わる

良い行動が当たり前の状態になると、今度は周りからの見る目が変わってくるでしょう。周りから良い評価を受け始めます。最初は以前とのギャップで違和感を持たれるかもしれませんが、少しずつあなたの内側から出る行動に共感されたり、感化されて良い行動が増えたり、周りの反応が変わります。

勿論、周りの評価のために良い行動をする事が目的ではありませんよね。良い行動によって人間性を磨いてよりよく生きるためですから、周りの評価はさておきなのですが、しかし、副産物として、周りからの良い評価はあなたの自己イメージを引き上げてくれます。

ですので、結果的に周りからの評価という事もプラスに働いて来るでしょう。そういう事も含めて、良い行動が当たり前の状態になると、物事の価値観が変わります。

価値観が変わると人生観も変わり、人生が好転する

価値観が変わったら、今度は人生観が変わります。良い行いを繰り返す事が当たりまえという価値基準や、善悪の境界線に対する認識、人に対する思いやりの気持ち、など、様々な価値観が生まれたり、既存の価値観が変化したりするでしょう。

そうして沢山の種類の価値観が変わる事によって、今度はその集合体である人生観が変わってくるでしょう。人生観が変わると、志が出来たり、付き合う人脈の種類が変わったりと、人生そのものに大きく影響が出てくるでしょう。人生が変わると言っても過言ではありません。

小さな変化が大きな変化へ

最初は思考をちょっと変えるだけだった事が、良い行動という所をテーマとして、最後は人生が好転するという大きな変化へと遂げる。実は人生をよりよくするポイントは、こういう些細で基本的な事に隠されているものなのです。費用も労力もかからない思考を変えるという所から、ぜひ始めてみて下さい。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加