> 趣味・ライフスタイル > 最も効率的にスキルを身につけるための3つの教え

最も効率的にスキルを身につけるための3つの教え

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.26

人生は大変な事だらけです。前に進もうとすれば必ずそこには「抵抗」が生まれ、人にしろある何かにしろ必ず争いが生じます。それが新しい事に挑戦するという事だからなのですが。すべては時間が経てば、慣れによりその抵抗を感じなくなるのと同時に、抵抗をいなす方法を覚えてくるため、衝突は起きにくくなっていきます。

今回はその衝突がなくなるまでの期間を狭めるとでもいいましょうか、最短でスキルアップするための方法を、わたくしがお教えしましょう!今回は新しい職場でのスキルアップ方法です。他の事でも応用は出来ますので、ご活用ください。それでは始めます。どうぞ最後までお付き合いください。

1:成功者達から習う

まずはノウハウや社風にしろ、あなたは新しい事を始めるときはまったく何も分からないわけなので、最初はゼロの状態という事になります。最初の1週目くらいまではまだ新人だからという理由で大目に見てくれるかもしれませんが、すぐにそんな事は忘れられ、いつまでも新人気分でいると上からめちゃくちゃに批難されるようになりますので、なるべくその状態は避けたいと(笑)

実際誰でも怒られるのは気分悪いです。それでどうするかですが、失敗した箇所、分からない事はすべてリストにしていき、余裕があればその場で、なければ仕事が終わったあとで先輩達に聞きまくりましょう。そしてその回答もすべて先ほどの質問リストの横に書き出していきます。

そして出勤前に頭の中でやる事の行程を組み立てていき、アウトプット(実践)しましょう。今その職場にいる先輩達は皆、あなたが抱えて来たような悩みや失敗をしてきた人達ばかりです。彼等はいわばあなたの質問に対してその答えを知っている成功者です。彼等に質問しまくる事は最短で成長、またはスキルアップ出来る強力な方法のひとつです。

2:トライ&エラーを繰り返す

やってみて改善して、といった学習が出来て来たら、自分のパターンややり方が出来て来る事でしょう。これはこの人が教えてくれた方法よりもこうした方がスムーズにいくとか、これはこうした方がお客さんは喜ぶだろうとか、先人を真似たら、自分のやり方を常時頭の中で構築していきます。

こう来たら、こう。こういう質問がお客さんから来たらこう返すなど、頭の中で何パターンも用意しておき、対処法を練っておきます。自分の中のToDo リスト(作業工程表)を作っておくのも良いでしょう。それを見ながら仕事をしていく。あとは慣れていけば時間は短縮でき、どんどん仕事は出来るようになっていきますので、問題はありません。

3:とにかく動く

すべてはこれにつきます。失敗を注意されて落ち込んでいたり、壁を越えられなくて悩んで止まっていても、まったく何の変化も起きず、落ち込んだ状態で止まってしまうため、思考はネガティブな事ばかり考えてしまい、苦しくなる一方です。とにかく動く。傷ついても、叩かれてもいいのでとにかく動きましょう。

そして加点主義で考えましょう。「あーまた失敗した・・・」ではなく、「前回はコレは出来なかったけど、今回は出来た。次回も出来るように注意を払っておこう」とか、「今回もこれは出来なかったけど、ヒントはつかんだ。先輩達に確認して、コツが分かったから次は成功するぞ」という考え方を捨てない事です。

この思考を持ち続けている限り、冒頭でお話しした「抵抗」はどんどんなくなっていきます。この方法でどんどん成長し、早く「使えない従業員」のレッテルを卒業し、高い評価を得られるようになりましょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加