> 趣味・ライフスタイル > 40代になってから意識しておきたい自分の好きなこと、得意なこと

40代になってから意識しておきたい自分の好きなこと、得意なこと

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.04.13

20代のうちは得意不得意考えることなく、気合いや努力でガムシャラになんでもこなせるかもしれません。

ですが、それを続けられるのもせいぜい30代で、40代以降になってもやりたくないこと、不得意なことを20代のころのようにガムシャラにやろうとしても難しいと感じることはありませんか?

年代別にやっておきたいこと

10代、20代は自分の才能、得意なことがまだはっきりとしていないので、色んなことをやってみて自分の好きなこと、得意なことを見つける、そのエネルギーはたっぷりとあると思います。

だからどんなことでも100%力いっぱい取り組むことが出来る、感性もまだ強いので好き嫌いがはっきり分かり、子供のころは嫌いなものはすぐに飽きて、好きなことは話しかけられても気付かないくらい夢中になれます。

ですが、感性が強く好き嫌いがはっきりしている人はやりたくないことをしていても気が散ったり上手く出来なかったり、それが自分の才能の発見にも繋がります。

ただ、好きなことを仕事にしている人よりもやりたくないことを仕事にしている人が多いので、それが当たり前と思いお金のためにやりたくない仕事をしているうちに、やりたくない気持ちを抑え込みながらも一生懸命やれます。

そのエネルギーがあっても30代、40代にもなると「自分は何のために生きているんだろう」と急に虚しさに襲われる人も多いといいます。

それは、それだけやりたくない気持ちを感じないように生きていた人生の反動のようなもので、そうした虚しさなどはやりたいことを思い出して始めるサインだと捉えることも出来ます。

ただ、40代以降になってもやりたくない仕事を20代のころのように出来るかというと、出来る人はいても全ての人が出来るわけじゃないと思います。

身体的なパフォーマンスは20代に比べると衰えたり、日々のストレスから昔に比べて太って疲れやすくなっていたり。

そもそも何年も続けているやりたくないことに、やり始めた時のドキドキさ、好奇心などはなくなっていれば、それをやる原動力もなくなってきているでしょう。

なので、年齢ごとによって20代、30代は自分のやりたいことを見つけ、それを形にしていく、40代以降はそれを周りと分かち合えるまで上達させて、お金に繋げて自分の好きなことを仕事にする人生を歩んでいる人も増えてきているようです。

才能の形はいつになっても変わらない)

年々好きなことは変わっても、その好きなことには何らかの共通点があると思います。例えば、小さい頃はゲームをするのが好きで中学校に上がったら空手をやりたくなった、どちらも関連性がないように思えますが、主人公を成長させることが好きなことは共通しているかもしれません。

パズルが好き、謎解きが好き、迷路が好きな人は、最初は分からないことでも問題を解いていき正解を見つける才能があるかもしれません。

そのように、好きなことは変わっても何らかの共通点、もしくはそれぞれの才能の形があり、それを見つけて組み合わせることで自分だけの周りと分かち合えるオリジナルな価値が出来ています。

歌を歌うことが好きな人、絵を書くのが好きな人、何かを考えるのが好きな人、ゲームをするのが好きな人、そこに周りの人の信念、例えば「30代でゲームをやるなんてみっともない」、「いつまでも歌手を目指すなんて現実的じゃない」、そうした誰が作ったか分からない個人の信念を自分の信念にして、自分の才能が分からなくなることはもったいないことではないでしょうか。

誰から教えてもらうかで人生が変わる

40代ともなると、20代のころに比べて何らかの知識やスキルが上達していたり、何らかの実績を持っていたり、色々な人との繋がりも増えていたりと、若いころに比べて自分らしい人生を実現しやすい人もいるでしょう。

もちろんそれらがないと思う人でも、長い人生を生きてきたことは変わりないので若いころとは感じ方、考え方、行動の仕方が変わっていると思います。

良い意味で自分を等身大に見れて、若いころは自分は何でも出来ると意気込みすぎて嫌いなことでもガムシャラにやっていた人でも、40代にもなると自分の好きなこと嫌いなこと、得意なことそうじゃないことが客観的に見れて、「じゃあこれをしよう」と冷静に選べる人もいるでしょう。

そうした自分の冷静な考え、何かに100%取り組める姿勢なども大切で、それと一緒に大切なのが誰に教えてもらうか、誰と接しているかです。

40代だと60代、70代の先輩から教えてもらうことも出来ますが、同じ年代の人でも自分がこれからやっていきたいことで一流になっている人か、それともやりたくない仕事の会社の先輩かでは全く違う教え、全く違う影響を受けるでしょう。

いつになっても自分らしい人生はスタート出来ますが、それを意識しているかしていないかで実現するスピードは変わります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加