> 趣味・ライフスタイル > 睡眠の質を向上させてスッキリ男子!今日から始められる3の安眠方法

睡眠の質を向上させてスッキリ男子!今日から始められる3の安眠方法

このエントリーをはてなブックマークに追加
2014.01.30

2014y01m26d_202200386

睡眠が重要なものであることは、誰でも理解しているものです。しかし、睡眠はただ長く寝ればいいというわけではありません。

いくら長く寝たところで、眠りの質が悪ければ満足しません、頭の中のモヤモヤをとり、スッキリした気分で仕事をしたいのなら、質をあげるのが一番早く簡単です。

今回は、そんな睡眠の質を簡単にあげることができる工夫を3つ紹介します。さっそく今日から試してみて、次の日の朝の気分を確かめてみてください。睡眠ひとつで、かなり日中の活動には影響が出てきます。是非、スッキリ男子を目指してみてください。

寝る前に休める

寝るギリギリまで、テレビや携帯電話、パソコンをいじっているという人が多いようです。しかし、それは安眠を妨げる原因になります。気持ちよく寝入るには、脳の活動を段々と休めていくことが重要になってきます。電子機器のディスプレイは駄目です。

電子機器のディスプレイが発する特殊な電磁波が、脳の活動を活発化させてしまいます。すると、脳は寝る準備をしません。いい眠りを手に入れるためには、寝る前30分は電子機器を触ることをやめ、できれば照明を落とすといいでしょう。すると、脳は寝る準備を初めます。

さらに言えば、寝る前の習慣をつくるのも、今後には効果的です。寝る前に本を読むや、音楽をきくなど、脳が寝るための準備を始める習慣を、電子機器以外でつけるのです。すると、本を読むだけで、音楽をきくだけで心が休まり、安眠を手に入れやすくなります。

枕は高くてもいい

枕が安眠に重要なポイントになっていることは、納得してくれると思います。今は、枕ソムリエなどといった役職もあるほどで、その重要性はさらに注目を浴びています。もちろんそのような人に相談して、自分にぴったりの枕をチョイスするのも、いい方法です。しかし、今日は簡単にちょっとしたことで変わる方法を教えます。

いつもの枕よりも、1センチ高くしてみてください。その枕の高さが気に入っている人はそのままでも結構ですが、もしも少し睡眠の質に疑問がある人は、1センチあげてみてください。
枕というのは、意外と低くしてしまいがちです。しかし枕の本来の役目は、頭を支えるのではなく、首の負担をなくすることです。枕を少し高くするだけで眠りが向上することがあるのは、そのためです。枕の下にタオルを敷くなどして、やってみてください。

起きるタイミングを知る

目覚まし時計で無理やりに起きている人にありがちですが、うまく起きられるときと、そうでないときがあるはずです。それは睡眠のメカニズムを知らずに、深い無理と浅い眠りのときとで目覚めの質が違うということを知らないからです。もちろん起きるときは浅い眠りのときが一番です。

うまく浅い眠りのときに目覚めることができれば、朝からスッキリした頭で過ごすことが可能になります。しかし、それを計るのは凄く大変で、寝る時間によってまちまちです。布団に入ってすぐに寝れればいいけれど、そんな簡単にいかにないのです。

ここでおすすめしたいのは、目ざましを30分単位で3回かけるということです。そして、いつものアラームよりもかなりボリュームをさげます。バイブレーションだけにするくらいでいいしょう。それで大丈夫か、と思うかもしれませんが、浅い眠りのときはそれでスッキリ起きることができるようになります。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加