> 趣味・ライフスタイル > その肝は考え方のバランスにある!失敗する怖れを情熱に変える思考法!

その肝は考え方のバランスにある!失敗する怖れを情熱に変える思考法!

このエントリーをはてなブックマークに追加
2013.07.18

なぜ、飛び込み営業が嫌いな人が多いのでしょうか?それは、最初から嫌な顔をされたり断られることが分かっているからではないでしょうか。もし話す人みんなが喜んで勧めた物を買ってくれるなら、喜んでやりたい人も増えると思います。

もちろん人によっては断られることよりもその商品サービスが好きだったり、人と接するのが好きな才能を持っている人もいるでしょう。ですが、これは飛び込み営業だけの話ではなく、どんなことでもいえる失敗に対する怖れから行動することが出来ない人が活用出来る思考法があります。

怖れと情熱の関係

どんなことにも裏表があります。男性がいれば女性もいて、白もあれば黒もある。成功もあれば失敗もあるなど、それはそうした目に見える物事だけではなく、気持ちにもいえることです。喜びと悲しみ、退屈と好奇心、虚しさと感謝、そして怖れと情熱です。

なぜ怖れと情熱が関係しているのかというと、怖れというのはやらないといけないとか、やるべきといった自分のやりたいという気持ちよりも役割からやることで、それをやらないと何か悪いことやいけないことが起こる時、人はその起こる嫌な出来事よりもやりたくないことをしている方がまだマシだと思います。

それは嫌な仕事かもしれませんし嫌な人間関係かもしれません。嫌な手伝いかもしれませんし、嫌な環境かもしれません。

そこにやりたいという気持ちはなく、やらされているという感覚が強いため、もちろん自分の中から意欲や情熱が湧いてくることもなく、好奇心もないためその分野が好きな人より上達するスピードもレベルも変わってくるでしょう。

それと反対にあるのはやりたいという情熱、それに対する愛情ではないでしょうか。自分のやりたいことに愛情があり、それに熱が入れば情熱ということにもなるでしょうが、やらなきゃいけないという役割か、やりたいという情熱かでは全然結果が変わってくると思います。

怖れと情熱のバランスを取る

そして、自分が本当にやりたいことというのは大体怖れとワクワクする気持ちが両方入り混じって出てきます。

人は一度に1つの気持ちしか感じることは出来ませんが、やりたいことというのはそれだけ今までの人生の中でそれに対しての気持ちが強いほど、怖れとワクワクがところどころで入れ替わって出てくるでしょう。

このバランスが取れてこの気持ちの動きが分かっていれば、その人のペースでライフワークを実現するところまでいけるでしょうが、バランスが悪く怖れが強いとライフワークから目をそらしたりいつまでも進めないなどあります。

その怖れは人によってレベルは違い、大好きなことをやることで周りから変な目で見られたり、好きな人から嫌われる、親しい人への遠慮や罪悪感などこれまでの経験の中でそうしたライフワークをやることに対するネガティブな気持ちや出来事が多いほど、怖れが強くなるでしょう。

ですが、それだけ怖れが強いものは逆にいえばそれだけ強い情熱があります。そうじゃないとそこまで怖れを感じることもないでしょう。

ある人は歌手になることに大きな怖れを感じているかもしれませんが、他の人からすれば怖れを感じず普通に歌っていて、馬鹿にされても気にならないかもしれません。ですが逆にそれだけ情熱が湧いてきません。

怖れがあるからいけない、ダサいというわけではなく、そこまで怖れがあるものを見つけられただけでも大好きなことをやって生きる人生に誰よりも近づいているといえます。

怖れを情熱に変える思考法

怖れが強いほど強い情熱が眠っていることが分かれば、それを切り替えるスイッチのようなものがあれば便利だと思いませんか?そのスイッチになるような思考を切り替える方法があります。

それは、逆の方向から考える方法です。たとえば、ライフワークを始めるまで10回も失敗しないといけないと考えると、とてもじゃないけどそんなに時間と労力、気持ちを費やすことが出来ないと感じませんか?そして実際に進んでいる人の中で失敗している人もいるかもしれません。

これはビジネスでもスポーツでも一流になっている人もする考え方ですが、ないところよりもあるところに意識を切り替えるという方法です。失敗ばかりに目を向けていれば、だんだんと気持ちも沈んでいくでしょう。

ですが、1度か2度失敗して、10回失敗すれば理想の状態になれると分かっていれば、あと8回失敗すれば成功出来ると思えるようになると、失敗することに怖れよりも情熱が湧いてくるようになります。これは感性の強い人ならすぐに切り替わって、今まで怖れに感じていたことが情熱に変わるのを体験出来るでしょう。

そしてたとえ10回で成功しなかったとしても、その好奇心で進んでいれば何回失敗したかも気にならなくなり、それに対する情熱の強さが周りの人を惹きつけるようになります。これは回数を気にする思考法ではなく、自分の意識をプラスかマイナスかに意図的に切り替え、自分を変える方法ともいえます。

なので、回数を気にしてまだ失敗に目がいくようなら、それが目的ではなくあくまで自分が情熱的になるということが目的です。そのためのエッセンスとしては、それを達成することによって得られるメリットや気持ち良さなどを沢山書いていくと、さらに加速するでしょう。

スポンサードリンク
スポンサードリンク
このエントリーをはてなブックマークに追加